港南区版 掲載号:2013年3月28日号

新人議員による市政報告【20】

来年度の取り組みを当局に質問

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 3月の予算特別委員会で、資源循環局と政策局関係の来年度予算や取り組みについて市当局に質問をしましたのでご報告します。

 市内では、自治会町内会と資源回収業者が契約を結び、資源物の集団回収を実施しています。しかし、契約していない業者が無断で資源物を持ち去る行為が問題となっており、今年度に条例を改正し、持ち去りに対して罰則を設けました。

 今後は契約業者か不正業者か、市民が一目で分かるようにしなくてはいけません。市に対応を聞くと、正規業者の車両側面にステッカー等で表示するなどの答弁がありました。

地域電力ネットワーク

 現在、横浜市のごみは鶴見、都筑、旭、金沢の4工場で焼却し、その際に出る焼却熱で発電をしています。2011年度は約3億7000万kWhの発電量があり、うち、約2億4000万kWhの余剰電力がありました。この余剰電力は水再生センターなどに有償で供給しながら残りは電気事業者に売却しています。私は再生可能エネルギーと合わせて地域電力ネットワークを組み、エネルギーの地産地消を目指すべきだと考え、市に考えを尋ねました。市は課題もあるとしつつも、送電による電力損失の低減や再生可能エネルギーの導入促進に有効との考えも示しました。

防災のまちづくり

 横浜市の地震被害想定によると、元禄型関東地震の場合、広範囲で火災による家屋の焼失が想定されています。特に木造住宅密集市街地においては、火災が原因で地域防災拠点にアクセスできない可能性もあります。私は早急に対策を検討すべきだと要望しました。

 市は火災の延焼を防ぐため、延焼遮断機能を持たせることが最優先の課題だとし、また、緊急車両や歩行者の安全確保のために地域の状況に合わせたきめ細やかな対策の検討を進めていくと答弁。防災のまちづくりは市民の期待も高いので、より効果的な施策も併せて要望しました。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク