港南区版 掲載号:2013年8月29日号

新人議員による市政報告㉕

消火栓から飲料水の確保

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 9月1日は防災の日ですが、まずは日ごろの備えが大切です。大地震発生後の3日間は断水に対応できるように自分で飲料水を備蓄しておくことが基本です。

 一方、市も飲料水確保を目的に災害用地下給水タンク134基や緊急給水栓358カ所などを整備しています。しかし、より最悪な場合を想定し、市内に約5万4千カ所ある消火栓の活用を検討。今年度は2カ所程度で試行実施を行います。

 消火栓につながる配水管は市が順次耐震化を進めているため、被災時でも利用可能。専用器具でマンホールを開けて開栓し、蛇口につなげば飲料可能な水が出ます。消火栓の活用は東京都ですでに実施しており、公明党の加納重雄市議が市会で提案していたものです。

 接続用蛇口の費用など課題もありますが、消火栓の活用は区内自治会から要望もあります。課題を解決し、震災に備えていきます。

地域の要望 解決中

 笹下1丁目の大岡川護岸は雑草が生い茂り、タバコによる火事の危険がありました。すぐに県に伐採を要望し、完了しました。

 上大岡東1丁目の歩道は道幅が狭く、階段が急であるなどで危険との声を受け、手すりの設置を区土木事務所に要望。手すりの設置も速やかに行われました。

飲料水の確保は命に関わる優先事項です
飲料水の確保は命に関わる優先事項です
武者ケ谷橋周辺もすっきり
武者ケ谷橋周辺もすっきり
安全対策の手すり
安全対策の手すり

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク