港南区版 掲載号:2014年1月30日号

新人議員による市政報告㉚

新潟市のスクールランチを視察

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 横浜市立中学校に通う生徒の昼食は家庭からの弁当持参が基本となっていますが、社会情勢の変化で持参が難しい家庭が増えてきました。そこで、公明党横浜市会議員団は家庭の弁当に加えて、外部業者が食事を提供する「スクールランチ」の導入を訴えています。1月22日にはスクールランチをすでに導入している新潟市を視察しました。

 新潟市では「食の自己管理能力の育成」「楽しい会食」「好ましい人間関係の醸成」の3つを目的に中学校58校のうち、29校で家庭の弁当と選択できるスクールランチを実施しています。食事場所は教室のほかに、各校1カ所ずつランチルームが整備されており、クラスごとにローテーションで利用しています。教室とはまた違った楽しい雰囲気で食事をすることにより、豊かな心を育て、互いに尊重し合う人間関係を育むことが狙いです。

 メニューはランチルーム用2種類、教室で食べるランチボックス用2種類の計4種類を毎日用意。すべて地産地消を意識しながら、栄養バランスや安全性を考慮したメニューです。価格は1食275円。利用方法はまずポイントを購入し、マークシートやタッチパネル式の専用予約機で予約する仕組みです。利用率も事業をスタートした2003年度は51・2%でしたが、12年度は66・4%と順調に受け入れられています。

横浜方式の検討を

 さて、横浜市でも早期のモデル実施を要望しているところですが、新潟市と規模が異なるため、横浜市にあった独自の仕組みを考えていく必要があります。

 例えば、専用予約機を設置すると費用が莫大になるので、スマートフォンなどから各自がweb上で注文できるようにするなど、利便性が高く低コストの方法を考えていく必要があります。また、ランチルームの設置も場所の確保などの課題があります。しかし、成長期の中学生に適切な昼食を提供できるように横浜方式のスクールランチを進めていかなければなりません。

メニューも選べる仕組み
メニューも選べる仕組み

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/