港南区版 掲載号:2014年2月27日号

新人議員による市政報告㉛

消費増税対策に臨時給付金

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 4月から消費税が8%に引き上げられますが、所得が低い家庭ほど影響が大きくなることを踏まえ、公明党はその負担を軽減する施策として「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」を主張してきました。横浜市でも2月補正予算案に給付金が計上され、対象者には8月を目途に振り込みで支給する見通しです。

 臨時福祉給付金は2014年度市民税(均等割)が課税されていない人1人につき1万円を給付します。また、基礎年金受給者には5000円が加算されます。

 一方、子育て世帯臨時特例給付金は児童手当の支給対象児童1人につき1万円を給付します。

 どちらの給付も重複して受け取ることはできず、両方とも対象になる場合は臨時福祉給付金のみ支給されます。また、生活保護受給者は別途支援策があるため、対象外です。手続きは今年1月時点で住民登録をしている区に申請が必要となります。

 2つの給付金で総額96億4300万円と莫大な金額になりますが、加えて給付金を処理するための事務費も15億2800円と巨額です。対象者の選別が複雑なためですが、今後のためにも事務作業の効率化も考えていく必要があります。

地域要望を実現

 笹下2丁目の歩道は、壁で見通しが悪く、写真奥から手前に進んでくる自転車と左手の坂を下りてくる車が接触する交通事故も起きている危険箇所です。

 昨年から対策を要望していましたが、自転車が飛び出さないようにするU形ポールの設置が完了しました。

両方向とも坂で危険だった場所にU形ポール
両方向とも坂で危険だった場所にU形ポール

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/