港南区版 掲載号:2014年3月27日号

新人議員による市政報告㉜

バス停21カ所にベンチ設置へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 高齢社会を見据え、路線バスの利用がより快適になるようにと、区内のバス停留所にベンチを新設することが決まりました。

 港南区と交通事業者の協働事業として2014、15年度に行うもので、私が要望を続けてきた事業です。

 区内のバス停留所の中で、ベンチを設置できる幅員があり、また、1日乗降客数100人以上の場所から整備を進めていく計画ですが、該当箇所は21カ所あり、単年度に10カ所程度、2年で全該当箇所を整備する予定です。

 ベンチの設置後は屋根の設置も考えていくべきと考えています。

団地の再生

 3月25日に14年度市予算が議決されましたが、それに先立ち、建築局の事業について質問をしました。

 市では郊外住宅地の再生を目指して「持続可能な住宅地モデルプロジェクト」を4地区で進めており、その1つ、洋光台周辺地域ではUR都市機構と連携し、地域住民と団地の再生に取り組んでいます。私はプロジェクトで得られた成果をきちんと分析し、成果を他の地域の住民へ伝え、活用することが重要と要望し、市も「横浜型モデル」として他の地域の展開につなげていくと答弁しました。

空き家対策

 高齢化と人口減社会を迎え、空き家の急増が懸念されています。所有者が管理していない空き家は防犯上、防災上、地域に様々な問題や不安を与えていますが、市もプロジェクトを組み、空き家除去を進めています。

 しかし、所有者に連絡がつかないケースが多く、連絡が取れたとしても相続問題や解体費用の問題があるほか、更地にすると固定資産税が増大するなどの理由で、協力を得ることは難しいのが現状。国もこの状況を打破しようと法を制定し、所有者に指導や命令できるようにするなど、空き家の適正管理を進める方針です。

 私は空き家の活用や若い世代の移り住みなど、空き家が地域の資源となるような視点も交えながら、総合的な対策を要望しました。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク