港南区版 掲載号:2014年6月26日号

新人議員による市政報告㉟

中学校昼食の実現へ前進

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 公明党横浜市会議員団は中学校昼食について、栄養バランスがとれ、複数種類から選べ、温もりのある民間事業者による弁当を家庭弁当との選択制で導入するように要望を続けています。

 5月23日の市会で公明党の尾崎太市議が中学校昼食について質問したところ、岡田優子教育長は、民間事業者が調理した弁当を各中学校に配達する方法が現実的と答弁しました。また、145中学校を対象に配達した弁当の一時保管場所や校内搬入ルートなどを調査することや、児童生徒・保護者・教職員・一般市民を対象としたアンケートで昼食の充実についてニーズ・要望を探ることなどを説明した上で、できるだけ早い時期に横浜らしい中学校昼食の有り方をまとめていくと明言しました。

雇用対策

 若者や女性、高齢者等の潜在力を引き出し、失業者の就職支援など雇用拡大に向けた環境整備等を推進する補正予算が可決しました。

 働きながら介護資格を取得できるように支援を行うことや、50代・60代の失業者に対する介護職への就労支援、また、就労体験先の確保や就職説明会の実施などのマッチング支援の強化等に取り組むものです。

子宮頸がんワクチン

 横浜市が実施する子宮頸がんワクチンの接種対象者で、接種後に副反応があり、市へ相談した結果、症状の原因が明らかでない方について、6月から全国で初めて支援策を導入しました。

 具体的には、横浜市大附属病院や市内外の専門病院など横浜市が指定する病院での治療費自己負担分相当額と、月3万円強の医療手当を給付します。

 現在のところ、横浜市内での子宮頸がんワクチンの副反応相談件数は21人となっています。

新潟市の選択制中学校昼食
新潟市の選択制中学校昼食

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク