港南区版 掲載号:2014年7月31日号

新人議員による市政報告㊱

臨時給付金の申請スタート

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 消費税増税の負担軽減策として、公明党は「臨時福祉給付金」「子育て世帯臨時特例給付金」の支給を実現させました。横浜市では約84万人が対象となり、先日案内が各家庭に送付され、申請も始まりました(※給付金の概要は表を参照)。

 申請は案内に同封されている申請書に記入の上、返信用封筒で郵送します。申請締切は2015年1月16日、消印有効です。申請期間を経過すると、給付金の受け取りはできなくなるので、ご注意ください。

 横浜市では、両給付金の疑問に対応する専用のコールセンター(【フリーダイヤル】0120・400・575)を15年2月末日まで設置しています(全日午前9時から午後6時まで)。コールセンターは、昨年度の健康福祉・病院経営委員会において、必要性を訴えたことで設置されたものです。また、申請書の配布や書き方、申請方法の相談などは、港南区役所地下1階に設置された相談窓口を利用してください。10月15日までの平日午前8時45分から午後5時まで開設しています(※窓口で支給は行いません)。

歩道橋の耐震補強

 横浜市は減災目標を達成するための具体的対策を示すものとして、13年4月に地震防災戦略を定めています。その1つとして緊急輸送路等の整備が重点施策として掲げられており、市では緊急輸送路等の歩道橋101橋の耐震補強を17年度までに行う予定です。

 港南区内の該当する歩道橋は、鎌倉街道や環状2号線沿いの「関の下」「吉原」「永野」「笹下」「打越」「馬洗」「日野」の7カ所ですが、落橋防止措置などの耐震補強工事を13年度中にすべて終えています。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク