港南区版 掲載号:2014年9月25日号

新人議員による市政報告㊳

肺炎球菌ワクチン 10月から定期接種に

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 10月1日から高齢者を対象に肺炎の罹患や重症化の予防が期待できる成人用肺炎球菌ワクチン予防接種が定期接種として始まります。

 対象者は2018年度までの間に65歳から5歳刻みの年齢になる人で、今年度のみ101歳以上となる人も含まれます。今まで接種には8000円程度かかっていましたが、対象者の自己負担額は3000円で、生活保護受給者や市民税非課税世帯などは証明書類等を病院で提示すると自己負担はありません。対象年齢の人には予診票が送付されますが、命を守るために訴えてきた施策ですので、ぜひご利用ください。

給付金申請受付中

 1人につき1万円、または1万5000円が給付される臨時福祉給付金の申請が7月から始まっています。

 対象となる市民には、すでに市から申請書が送付されていますが、8月末時点で送付件数約46・5万件に対し、申請件数は約20・5万件と半分以下です。締切は来年1月16日(消印有効)ですが、申請期間が過ぎると受給できなくなります。不明な点は専用コールセンター(【フリーダイヤル】0120・400・575)まで問い合わせを。

カーブミラー設置

 芹が谷5丁目のコンビニ近くに、カーブミラーが設置されました。地域の方から危険だと要望を受けていたもので、港南土木事務所に相談していた案件です。

子ども世帯に減免

 13年度に国民健康保険料の算定方式が改定され、子どものいる世帯などで保険料負担が大きくなったため、公明党はその対応を市に求めてきました。その結果、子どもがいる3万1320世帯に減免措置がなされました。1世帯当たりの平均減免額は約4万6600円になります。

安全性が向上しました
安全性が向上しました

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/