港南区版 掲載号:2015年2月26日号

新人議員による市政報告㊸

下水直結式仮設トイレを整備

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 公明党横浜市会議員団は災害時の対策として地域防災拠点や復旧活動の中心的役割を担う市区庁舎、負傷者が集まる災害拠点病院に「下水直結式仮設トイレ」を計画的に整備することを横浜市に要望していました。その要望が実り、永野小学校、小坪小学校、日野小学校、港南中学校の4校に設置が決まり、3月末までに整備が完了します。

 震災が発生した場合、トイレは非常に重要な問題です。新たに整備する下水直結式仮設トイレとは、耐震性の高い下水道管に直接接続する仮設トイレで、一定程度利用した後は排水することができるため、衛生的で食中毒などの二次感染を防ぐことが期待できます。また、バリアフリー設計で障害者の利用も想定されているほか、段差がない洋式トイレを採用しているので、高齢者でも安心して使うことができます。今後も整備のスピードアップを要望していきます。

バス停ベンチを設置

 横浜市の中でも港南区は公共バスの利用が多い地域ですが、待ち時間をなるべく快適に過ごせるようにと、私はバス停にベンチの設置を要望してきました。今回、その要望が実現し、今年度末までに港南区と交通事業者の協働事業として区内11カ所のバス停にベンチが設置されます(対象バス停は下記表参照)。

 この11カ所は、区内71カ所のバス停のうち、乗車客数が多く、地元の自治会町内会からベンチ設置の要望書が提出されている中から選ばれたものです。一方で、まだ整備対象となるバス停は残っていますので、来年度も引き続きベンチの設置を図り、高齢者をはじめ、例えば障害者、乳幼児連れの保護者などの利便性が高まるように努力を続けていきます。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/