港南区・栄区版 掲載号:2016年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

FMヨコハマ「THE BREEZE」の街角レポーターとしてデビューし、20周年を迎えた

藤田 優一さん

上大岡小学校卒業 42歳

変わらぬ声で朝の一押し

 ○…足早に人々が交差する朝9時の関内駅。レポーターとして初めて立った街角だ。歌のリクエストをもらおうとも「断られ続けて半べそ」。13人目で足を止めたのは、同じ”初仕事”へ向かう女性だった。それから2万回、街角レポートを続け20周年を迎えた。「仕事へ向かう車、家族を送った後、ラジオから今日も声がする。藤田も出ているなら頑張るか――。そんな小さな朝の一押しになりたい」

 ○…4代続く浜っ子。国語の朗読が好きな小学生は「口から生まれた」と言われたほど。「手ではなく口に職を持とう」。無名の23歳が抜擢されたのが、FMヨコハマの街角レポーターだった。当時から貫くのが”お隣りさん感覚”。「同じ目線で感じ、喋り、届ける」。共感は広がり、応援に駆けつけるリスナーも増えた。10年目には神奈川全駅でのレポートを達成。「海、山、湖、畜産も城も温泉も…神奈川の自慢をこれほど言えるのは僕くらい」と冗談めかす。

 ○…街の情報源であるリスナー。雨が降れば傘をかざし、寒い日は温かい差し入れを届けてくれることもあった。「皆でつくるラジオ。同じ日を過ごす中で、たまたま僕が話している」。時には目となり、足となることも。寝たきりの少年が地図を広げ、動きを追っているというメッセージが届いた。「楽しみにしている、元気がでる、この言葉が嬉しい」。めぐって自分の力になる。

 ○…元気みなぎる「はぁーぃ藤田でぇーす」の声。お馴染みの登場を封印するか迷う時もあった。2011年3月11日は金曜だった。「月曜朝の第一声にふさわしいのか」。だが周りが望んだのは変わらぬ”藤田くん”。「突然放り込まれた非日常にいつもの声が聞こえてくる」。途切れなかった日常に「安心した」の言葉が寄せられた。「今後も一日一日を積み重ねたい」。目標は30周年でも40周年でもない。「朝9時におはようございますと登場して、街を歩く。それで良い」。横浜の朝にいつもと変わらぬ風を届ける。

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版の人物風土記最新6件

田邊 俊介さん

栄スポーツセンター所長として地域のスポーツや文化の振興に取り組む

田邊 俊介さん

10月12日号

田村 淳一さん

港南警察署の署長に新しく着任した

田村 淳一さん

10月5日号

陶山 誠さん

港南区内の石仏・石塔353基を紹介する「わがまち港南の石仏たち」を著した

陶山 誠さん

9月21日号

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月4日付で栄警察署の署長に就任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月14日号

エリエジオ・サントスさん

サッカーの元ブラジルU-20代表で、栄区のエスぺランサSCに新加入した。

エリエジオ・サントスさん

8月31日号

千葉 青濤(せいとう)さん

こうなん文化交流協会・美術部会の部会長として活動活性化に尽力する

千葉 青濤(せいとう)さん

8月24日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク