港南区・栄区版 掲載号:2017年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

中区在勤 46歳

地域に欠かせない”星”に

 ○…2016年はクライマックスシリーズ初出場を果たすなど、大活躍だった横浜DeNAベイスターズ。観客動員数も史上最多を記録。上昇気流に乗る球団の、新たな旗振り役を任された。「いかに地域にとって大切なものを預かっているのかという責任を感じている」としながらも、さらに魅力ある球団やスタジアムを創る担い手となった幸運をかみしめている。「これまでも様々な取組をしてきたが、さらに新しいことに挑戦したい。たとえば飲食やグッズの企画、スタジアムの周りを歩くだけでも楽しくなる工夫。球場だけでなく地域全体で盛り上がれる環境を創りたい」と意気込んでいる。

 ○…昨春にDeNAに入社したばかり。前職は、総務省に勤務。旧郵政省時代に入省し、日本型郵便システムの海外展開に携わるなど、キャリアを積み活躍してきた。転身のきっかけは、南場智子球団オーナーからの熱烈オファー。7年にわたるラブコールを受け、新たな分野へ踏み出した。幼いころから読書が好きで、学生時代は文学部で勉学に励み、学者を志していた頃もある。「おしゃべりで、人と仕事をするのが好きだから、学者向きではなかったんですよ」と笑う。

 ○…東京出身だが、少年時代を南足柄で過ごし、神奈川には愛着がある。「金時山や西湘の海は一年に何度も出かける、安心感のある場所」。横浜の印象は、「何か新しいものを生み出すような土地の力を感じる」。中でも社長を兼任する横浜スタジアムは、「地域の人の思いが結集した、大切な場所」と思い入れる。

 ○…「カープのない広島がないように、横浜と言えばベイスターズという、地元に欠かせない存在に早くなりたい」。独断や憶測ではなく、決して地域の思いは置き去りにしない覚悟で臨んでいく。「球団が言わば横浜の人々の心のインフラになれたら」。ベイスターズの街・横浜へ、挑戦は始まったばかりだ。

関連記事powered by weblio


<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

田邊 俊介さん

栄スポーツセンター所長として地域のスポーツや文化の振興に取り組む

田邊 俊介さん

10月12日号

田村 淳一さん

港南警察署の署長に新しく着任した

田村 淳一さん

10月5日号

陶山 誠さん

港南区内の石仏・石塔353基を紹介する「わがまち港南の石仏たち」を著した

陶山 誠さん

9月21日号

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月4日付で栄警察署の署長に就任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月14日号

エリエジオ・サントスさん

サッカーの元ブラジルU-20代表で、栄区のエスぺランサSCに新加入した。

エリエジオ・サントスさん

8月31日号

千葉 青濤(せいとう)さん

こうなん文化交流協会・美術部会の部会長として活動活性化に尽力する

千葉 青濤(せいとう)さん

8月24日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク