港南区・栄区版 掲載号:2017年1月26日号

2期目議員による市政報告 65

民間賃貸に安否確認サービス開始

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 横浜市は先月1日、民間住宅あんしん入居安否確認サービスモデル事業を開始しました。民間賃貸住宅に住むひとり暮らしの60歳以上の人を対象に、リズムセンサーや緊急通報システムを設置し、緊急時に警備員が速やかに駆けつける安否確認を行うサービスです。

 横浜市では、家賃などの支払い能力がありながら、連帯保証人がいないことを理由に民間賃貸住宅の入居を断られてしまう高齢者や障害者、外国人などを対象に家賃債務を保証する仕組みを構築し、入居支援を進めてきました。今回のモデル事業は高齢化が進展する中、入居者も家主もより安心して利用できる制度を作ることが目的です。

 対象者は市内の民間賃貸住宅に新たに入居するひとり暮らしの人で▽横浜市民間住宅あんしん入居事業の利用▽満60歳以上▽家賃と必要な利用料を支払える▽契約を締結できる▽自立した生活ができる▽緊急連絡先を確保できる――の全要件を満たすことが条件です。

 要件を満たせば、システムの設置にかかる費用2万7000円(固定電話がない場合3万円)を横浜市が全額助成します。入居者の負担は月額費用2700円(固定電話がない場合は4000円)で利用できます。

 申し込み期限は2018年11月30日です。申込みに関する相談などは横浜市住宅供給公社のあんしん入居担当(【電話】045・451・7763)に問い合わせてください。

 公明党市議団ではこれからも、市民誰もが安心して自立した生活をできるように制度づくり、施策づくりに取り組んでいきます。

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6件

上海と交流、種蒔きから大きな実へ

市会議員 たのい一雄 市政報告

上海と交流、種蒔きから大きな実へ

8月17日号

歩行者の安全安心、区役所へ要望

2期目議員による市政報告 71

歩行者の安全安心、区役所へ要望

8月3日号

五輪・W杯の専門委員に就任

市会議員 たのい一雄 市政報告

五輪・W杯の専門委員に就任

7月13日号

課題解決へ 福祉・教育に全力

横浜をスポーツで元気に

林文子横浜市長×元ベイスターズ・三浦大輔さん 特別対談

横浜をスポーツで元気に

7月13日号

提言・要望が着実に前進

2期目議員による市政報告 70

提言・要望が着実に前進

6月29日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月24日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/