港南区・栄区版 掲載号:2017年3月16日号

(PR)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(79)

「賃料を支払わない借主」

 Q、私は横浜市内で不動産賃貸を行っている者ですが、賃借人の1人が半年間ほど賃料を滞納しており、今後も支払が難しいと言われています。

 そうであれば、部屋を明け渡してほしいのですが、引っ越しする費用がなく、それも嫌だと言われています。こちら側で鍵を替えてしまってもよいでしょうか。

 A、法律の世界には「自力救済の禁止」というルールがあります。すなわち原則として、法律の手続によらずに勝手に鍵を替えてしまってはいけないことになっているのです。

 また、法律上の手続によらずに部屋の中の私物を勝手に処分したりすると、かえって賃借人から損害賠償の請求をされることもあり得ます。この点は気を付けなければなりません。

 拒否している賃借人に強制的に部屋から退去してもらうためには、「訴訟」や「強制執行」といった法律上の手続を経る必要があり、もちろん弁護士はこのような手続を行うことができます。

 もっとも、このような手続には数ヶ月の期間を要することが多いため、速やかな明渡しを実現するためには早めに弁護士に相談することをお勧めします。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談ください。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/