港南区・栄区版 掲載号:2017年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

日本共産党 横浜市会議員 みわ智恵美 市政報告

子どもの成長を応援する市政に

教育勅語が加担した「国家的虐待」

 1947年5月3日に日本国憲法が施行されてから70年を迎えました。国民1人ひとりの命が大切にされ、個人として尊ばれることは憲法の保障するところですが、特に子どもの「学ぶ権利」を保障したことは歴史的にも大きな意義をもちます。子どもたちの成長や健やかな発達は、私たちの喜びではないでしょうか。

 戦前、国民は国に命を捧げるべきとされ、子どもの健康的な成長もあくまで国の役に立つためであるとされました。個人の自由や幸福追求権は否定され、子どもに対する「国家的虐待」といえる状態でした。

 「教育勅語」はそのなかで、明治天皇の直接の言葉として強大な影響力を持ったのです。国民に命を差し出させる役割の一翼を担い、そのゆえ戦後の憲法制定時にはこれを省みて、衆参両院で教育勅語の排除と失効の決議がなされました。

道徳の教科化は疑問

 国は2018年度に小学校で、19年度から中学校で道徳を教科化するとし、横浜市教育委員会は先行して今年から実施しています。しかし、どのように生きるかというのは本来、その人自身が選びとるものです。「こうでなければならない」と押し付け、いちいち評価されたのでは、多様性も豊かな発想も生まれません。道徳の教科化は疑問です。

 また記述式「評価」による教員の負担の増大も問題です。市内ではひと月あたりの残業時間が厚労省の「過労死ライン」(80時間)を超える教員が3分の1に上るなど全国的に見ても多忙を極めています。さらに負担を課すことで、今まで以上に子どもと向き合う時間が圧迫されます。憲法の保障する子どもたちの権利を一層豊かに発展させるため、今年度も市政の前進に取組みます。

みわ 智恵美

横浜市港南区上大岡西1-19-20-301

TEL:045-844-3635
FAX:045-841-8975

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6件

「多くの命を救いたい」がん予防啓発

市会議員 たのい一雄 市政報告

「多くの命を救いたい」がん予防啓発

10月19日号

2025問題、喫緊の課題を解決へ

自由民主党 せのま康浩 市政報告

2025問題、喫緊の課題を解決へ

10月19日号

「災害対策を万全に」定例会で要望

2期目議員による市政報告 72

「災害対策を万全に」定例会で要望

9月28日号

イベントロード整備で横浜を活性化

市会議員 たのい一雄 市政報告

イベントロード整備で横浜を活性化

9月21日号

「安全安心の町へ」予算をもっと

日本共産党 横浜市会議員 みわ智恵美 市政報告

「安全安心の町へ」予算をもっと

9月14日号

上海と交流、種蒔きから大きな実へ

市会議員 たのい一雄 市政報告

上海と交流、種蒔きから大きな実へ

8月17日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク