港南区・栄区版 掲載号:2017年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

この春からFMヨコハマの朝の顔として「ちょうどいいラジオ」のDJを務める 光邦(みつくに)さん (本名・宮澤光邦)横浜市在住 40歳

人との繋がりおそれずに

 ○…FMヨコハマ(84・7MHz)の朝の番組としてこの春から始まった「ちょうどいいラジオ」。番組名は「横文字が多いFMラジオの番組表の中で、一目で分かるものにしたかった。『ちょうどいい』っていうのも、『JUST FIT』とは違う日本ならではのもの」。紹介するニュースの選定にもこだわり、「世の中には暗い話題が多いけど、朝から気が滅入るようなものは届けたくない。身近なニュースで元気づけられたら」。

 ○…東京都北区出身。山梨県や静岡県のFM局を経て、FMヨコハマでは15年以上に渡って夕方の音楽バラエティー番組を担当。「バッコーン!」という力強い掛け声でリスナーを励ましてきた。「朝の顔」になってからは午前2時半にスタジオ入りし、放送開始の6時直前まで新聞各紙の話題を整理して臨んでいる。「その時点でくたくた。だけど、いつも表情の違う日の出を見られるし、早起きは気持ちがいい」。横浜港を臨むDJブースから、一日のはじまりを届けている。

 ○…「炎上なんてものもあるけど、屈するからそうなる。親や友人のおかげで身についた自分の良心を信じていれば、怖いものなんて何もない」。一方で、DJとして今年で20年になり、年齢や経験を重ねたからこそ言葉をためらう場面もある。「曲をかけながら、『なんで今言えなかったのかなぁ』って悔やんだりする。常にアンテナを張っていろんなことを考え、自分の中に蓄積しておくことが大事な『準備』になっている」

 ○…2人の娘と離れ、春から単身赴任生活を始めたのは汽笛の音も届くアパート。自炊やごみ出しも含めて、生活者として横浜を感じている。「東京に住んでいる、というのより自慢になる。横浜は全部あるからずるいよね」。まちではリスナーに声をかけられることも増えた。「核家族からさらに進んで今は『個』の時代。孤立しがちだからこそ、人との繋がりの素晴らしさをラジオで伝えていきたい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

三井 理穂さん

シンガポールで音楽講師として務め、このほど地元で小学生対象のコンサートを開く

三井 理穂さん

12月7日号

馬場 千鶴さん

不登校の子の親の会「こだまの会」の代表として親子の支援に携わる

馬場 千鶴さん

11月30日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月23日号

森田 邦夫さん

栄区の老人福祉センター「翠風荘」の所長を務める

森田 邦夫さん

11月16日号

五十嵐 京子さん

栄区地域子育て支援拠点「にこりんく」の施設長として子育て支援活動を行う

五十嵐 京子さん

11月9日号

廣畑 成志さん

発起人として「港南台 街&暮らし白書2020」づくりを続ける

廣畑 成志さん

10月26日号

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク