港南区・栄区版 掲載号:2017年7月13日号

栄区笠間鹿島神社

運営委員らの手で美化 社会

参道から社殿まで整備

整備に携わったメンバーら
整備に携わったメンバーら

 栄区笠間にある鹿島神社(笠間3の4の24/石井晨(あきら)宮司)がこのほど、同神社の運営委員会と社務所管理委員会のメンバーの手によって整備された。運営委員会の飯島繁会長は「きれいに変わった鹿島神社に1度足を運んでもらえたら」と期待を込める。

♢ ♢ ♢

 きっかけは今年5月中旬、飯島さんが会長に就任したこと。長期の事業計画をまとめる中で、本殿や社殿、社務所などに長年による劣化や汚れが見られたことから、今年度の事業として神社の環境整備に力を入れることが決定した。

 整備作業は、すぐに開始され、社殿内の天井板の更新と床のクリーニング、柱の補修のほか、階段手すりの竿、手洗い(手水)鉢周辺、本殿外壁のクリーニングや再塗装まで内外ともに幅広く行われた。

 飯島さんによると、社殿は2003年に改修工事が行われて以来、手つかずの状態が続いていた。経費なども考慮して、作業の多くは、両委員会のメンバーたちで協力して行うことに。各部位の作業は、メンバーそれぞれの知恵や技術を持ち寄りながら進められた。

 約2カ月が経過した今月8日、計画していた大部分の整備作業が完了したことを受け、見学会としてメンバーたちにその様子が披露された。石井宮司も参加し、整備された様子を見学。

委員中心で行事企画

毎年工夫こらし

 石井宮司は「社殿床は汚れで真っ黒だったが、見違えるほどになった。参道の除草も行ってもらい、一目見てきれいな神社には立ち寄ろうという気になるはず」と喜んでいた。

 飯島さんは「整備作業は8割完了した。今後は9月の例大祭までに物置を設置し、本殿内も整備したい」と方針を示した。

「行事増やしたい」

 同神社では運営委員会が中心となり、各行事の企画に注力。メンバーの1人である岡田忠男さんは、「何度も足を運んでもらえるように工夫している。今年の元旦祭には2500人ほど来社し、この10年間で倍増した」と明かす。

 明治時代に同神社が合祀された青木神社(笠間5の4の1)では、今年6月に初めて夏越の大祓を実施。兼務する石井宮司は「鹿島神社は、1月のどんど焼きから9月の例大祭まで行事がない。環境も整備されたので、来年は夏越の大祓を行えたら」と意欲を見せていた。
 

整備された社殿内
整備された社殿内

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版のトップニュース最新6件

高齢者の消費者被害拡大

沿道美化で国交大臣賞

日野連合町内会

沿道美化で国交大臣賞

9月14日号

今秋限定 再公開へ

緑化フェア旭区会場

今秋限定 再公開へ

9月7日号

保護者、教員に防災授業

本郷特別支援学校

保護者、教員に防災授業

9月7日号

舞台通じ就労課題を克服へ

パスセンター

舞台通じ就労課題を克服へ

8月31日号

野庭団地で商店街プロレス

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/