港南区・栄区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市長選

林文子氏、大差で3選

政治

実績訴え、幅広い支持

中区の選挙事務所で支援者と喜ぶ林氏(7月30日、午後8時すぎ)
中区の選挙事務所で支援者と喜ぶ林氏(7月30日、午後8時すぎ)
 任期満了に伴う横浜市長選挙が7月30日に投開票され、無所属で現職の林文子氏(71)=自民・公明推薦=が約60万票を得て、いずれも無所属で新人の元衆議院議員・長島一由氏(50)と元市議・伊藤大貴氏(39)に30万票以上の大差を付けて3選を決めた。投票率は37・21%で前回を約8ポイント上回った。

 林氏の得票数は全ての区で1位。港南区は約3万8千票(得票率54・02%)、栄区は約2万2千票(51・21%)だった。

 選挙戦で林氏は「待機児童ゼロ」や大企業誘致など、市長としての2期8年の実績を強調する一方、横浜の魅力を発信するイベントの強化や特別養護老人ホームの整備拡充など、将来に向けた政策を掲げ、幅広い支持を得た。自民党、公明党の推薦に加え、旧民主党系の民進党の一部も支援。国政での与党への逆風の影響を心配する声もあったが、大差での3選となった。

「思い切ってやる」

 当選確実が報じられ、中区の事務所で支援者にあいさつした林氏は「市民に身近な子育てや高齢者の課題に取り組みたい」と語った。3期目に臨むに当たり「ダイナミックな経済政策など、打って出ることも必要。思い切ってやりたい」と意欲を示した。争点となったカジノを含むIR誘致については「ニュートラルな立場で研究を始めたい」と改めて白紙を強調した。

カジノ反対も届かず

 敗れた長島氏と伊藤氏は、いずれもカジノ反対や中学校給食の実現を訴え、林氏との政策の違いをアピールしたが、支持を広げることができなかった。

 長島氏は「今できることを全てやり尽くした。必ず、次の何かにつなげていく」、伊藤氏は「自分の思いを市民に伝える難しさを感じた」とコメントした。

 栄区の投票率が市内で最も高く、42・05%だった。港南区は39・59%だった。

関連記事powered by weblio


<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

いじめ防止で新方針

横浜市

いじめ防止で新方針

10月19日号

1500人分のお菓子を用意

丸山台ハロウィン

1500人分のお菓子を用意

10月19日号

高齢者の買い物を支援

ひぎり連合自治会

高齢者の買い物を支援

10月12日号

タッチーくん 商品化促進へ

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

子どもの学習支援、広がる

栄区楽習教室

子どもの学習支援、広がる

10月5日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク