港南区・栄区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

日本代表3人

バトンの国際大会へ

スポーツ

港南台のスタジオから選出

(左から)齋藤君、仲澤さん、平久井さん
(左から)齋藤君、仲澤さん、平久井さん
 港南台の杉浦紀子バトンスタジオに所属する3人が、9日からクロアチアで開かれるバトンの国際大会「第9回WBTFインターナショナルカップ」に日本代表として出場する。

 同大会は2年に1度開催されているもので、同スタジオの仲澤友莉菜さん(栄区在住・20歳)と平久井愛由さん(金沢区在住・19歳)のペアは2013年大会から3大会連続の出場となる。ペア10年目になる2人は「練習してきたことを本番の舞台でもノーミスで披露し、しっかりと表現したい」(平久井さん)、「初出場の時より前回の方が落ち着いて臨めた。3度目なので納得できる演技をしたい」(仲澤さん)と話す。

 今大会は2人でアーティスティックペア・シニア部門に出場し、仲澤さんは2本のバトンを使うトゥーバトン・シニア部門にも出場する。仲澤さんは「自分のことだけでなく、ペアを思いやりながら大会期間中の集中力をコントロールしたい」と語る。

 また同スタジオからは、今回初めて齋藤晟君(港南中学校1年)も日本代表に選出され、トゥーバトン男子ジュニア部門に出場する。姉の影響で3歳からバトンを始めたという齋藤君は、これまで壮行会で仲澤・平久井ペアを見送ってきたが、「いつか自分も一緒に行きたいと思っていた。順位だけでなく、表現にもこだわりたい」と意気込む。

 スタジオを主宰する杉浦紀子さんは「3人とも、日本の代表として恥ずかしくない、しっかりとした演技を世界の舞台で見せてほしい」と話した。

関連記事powered by weblio


<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

いじめ防止で新方針

横浜市

いじめ防止で新方針

10月19日号

1500人分のお菓子を用意

丸山台ハロウィン

1500人分のお菓子を用意

10月19日号

高齢者の買い物を支援

ひぎり連合自治会

高齢者の買い物を支援

10月12日号

タッチーくん 商品化促進へ

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

子どもの学習支援、広がる

栄区楽習教室

子どもの学習支援、広がる

10月5日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク