港南区・栄区版 掲載号:2017年9月14日号

日野連合町内会

沿道美化で国交大臣賞 社会

10年以上の住民ボランティア

活動する鎌倉街道の沿道に立つ田代副会長
活動する鎌倉街道の沿道に立つ田代副会長
 港南区の日野連合町内会(長信男会長)が10年以上にわたり取り組んできた町の清掃美化活動が称えられ、区内で初めて国土交通大臣賞を受賞した。先月25日には南公会堂で表彰状の贈呈式が行われた。

 日野連合町内会が主に清掃に取り組んできたのは、鎌倉街道、舞岡上郷線といった幹線道路沿いの歩道で総延長は1900メートルにおよぶ。市道路局の支援を受けながら、地域のボランティア団体と行政が協働で美化活動を行う「ハマロード・サポーター」に登録した2005年から活動に取り組み、参加人数は延べ960人ほどにのぼる。副会長の田代孝之さん(71)は「認めて頂いたというのは励みになる。今後ますます取り組んでいかなければ」と意気込みを語る。

 当初は日野連合町内会に加入している自治会町内会すべてが、定期的にゴミ拾いや植栽の剪定などを一斉実施していた。その後、各町内会の行事予定との調整が難しくなったため、各地区ごとに実施をするという方法に変更し、それぞれ月1回以上の活動を続けているという。

 国交大臣賞の受賞は区内初で、港南土木事務所の担当者は「受賞には活動の頻度や規模などの条件を満たすことが必要だが、きめ細やかな植物の手入れも評価ポイントになる」と話す。

きれいで安全な道を

 もともと鎌倉街道の沿道には街路樹だけが植わっていたが、土木事務所によりツツジが植えられたことが、美化活動のきっかけになったという。月に一度の連合町内会の集まりでは、各地区の活動報告もあり、「隣の地区がきれいになることや、新しいアイデアを聞くことが刺激になり、うちもやってみようという意欲にもつながっている」と田代さんは話す。

 歩道は通学路にもなっているため、緑が車の死角を作らないような配慮も欠かさない。「子どもたちが安全に通えるためにも取り組んでいきたい」と話した。

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版のトップニュース最新6件

高齢者の消費者被害拡大

今秋限定 再公開へ

緑化フェア旭区会場

今秋限定 再公開へ

9月7日号

保護者、教員に防災授業

本郷特別支援学校

保護者、教員に防災授業

9月7日号

舞台通じ就労課題を克服へ

パスセンター

舞台通じ就労課題を克服へ

8月31日号

野庭団地で商店街プロレス

緑保全へ 新たに市民団体

上郷猿田地区

緑保全へ 新たに市民団体

8月24日号

9/10くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/