港南区・栄区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

日野連合町内会沿道美化で国交大臣賞10年以上の住民ボランティア

社会

活動する鎌倉街道の沿道に立つ田代副会長
活動する鎌倉街道の沿道に立つ田代副会長
 港南区の日野連合町内会(長信男会長)が10年以上にわたり取り組んできた町の清掃美化活動が称えられ、区内で初めて国土交通大臣賞を受賞した。先月25日には南公会堂で表彰状の贈呈式が行われた。

 日野連合町内会が主に清掃に取り組んできたのは、鎌倉街道、舞岡上郷線といった幹線道路沿いの歩道で総延長は1900メートルにおよぶ。市道路局の支援を受けながら、地域のボランティア団体と行政が協働で美化活動を行う「ハマロード・サポーター」に登録した2005年から活動に取り組み、参加人数は延べ960人ほどにのぼる。副会長の田代孝之さん(71)は「認めて頂いたというのは励みになる。今後ますます取り組んでいかなければ」と意気込みを語る。

 当初は日野連合町内会に加入している自治会町内会すべてが、定期的にゴミ拾いや植栽の剪定などを一斉実施していた。その後、各町内会の行事予定との調整が難しくなったため、各地区ごとに実施をするという方法に変更し、それぞれ月1回以上の活動を続けているという。

 国交大臣賞の受賞は区内初で、港南土木事務所の担当者は「受賞には活動の頻度や規模などの条件を満たすことが必要だが、きめ細やかな植物の手入れも評価ポイントになる」と話す。

きれいで安全な道を

 もともと鎌倉街道の沿道には街路樹だけが植わっていたが、土木事務所によりツツジが植えられたことが、美化活動のきっかけになったという。月に一度の連合町内会の集まりでは、各地区の活動報告もあり、「隣の地区がきれいになることや、新しいアイデアを聞くことが刺激になり、うちもやってみようという意欲にもつながっている」と田代さんは話す。

 歩道は通学路にもなっているため、緑が車の死角を作らないような配慮も欠かさない。「子どもたちが安全に通えるためにも取り組んでいきたい」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月16日号

運転の不安 窓口で相談を

高齢運転者

運転の不安 窓口で相談を

11月16日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月9日号

中高生の芸術「発表の場を」

芹が谷でも施設整備へ

やまゆり園再生

芹が谷でも施設整備へ

11月2日号

医師がスマホで育児相談

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク