港南区・栄区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

「住民投票で市民の声を」署名活動へ説明会

社会

 栄区・上郷猿田地区の開発をめぐり活動を続ける市民団体「横浜のみどりを未来につなぐ実行委員会」が住民投票条例の制定を目的とする署名活動を今月15日から開始する。「必ずしも開発に反対するという条例ではなく、あくまで住民の声を市政に反映させるためのもの」として、9日に中区の事務所で署名活動の説明会を開催した。

 説明会は昼、夕の2回開催され、20代から70代までの市民延べ60人ほどが参加した。説明会では実行委員会のメンバーが横浜市の緑被率の推移や人口減少、空き家の増加などをデータとともに説明した上で、同地区での宅地開発は不要だと訴えた。メンバーは「現状では市の緑地政策に市民の声が十分反映されていない。声を届ける手段としての住民投票条例が必要」と署名活動の趣旨について話した。

 条例が実現するには2カ月以内に約6万筆以上の署名が必要なほか、さらに市会での決議を経なければならないなど手続き上のハードルは低くない。

 市都市計画課の担当者は「現時点では、今年度内の都市計画決定・変更告示を目指していくという方針に変更はない」と話している。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク