港南区・栄区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

やまゆり園再生芹が谷でも施設整備へ小規模分散で地域と共に 

社会

移転先となるやまゆり園芹が谷園舎
移転先となるやまゆり園芹が谷園舎
 神奈川県は先月14日、殺傷事件があった相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」の再生基本構想を発表した。園のあった同区・千木良と、仮入居先となった港南区の芹が谷の2カ所に分散して整備することが決定した。

 2カ所には定員11人の居住棟12棟を整備して120人分、加えて県内にある既存の障害者支援施設を活用して10人分の居室数を確保し、全利用者130人が安心して暮らせるようにする。また、短期入所12人分の受け皿を、2カ所に整備することも決まった。

 各々の施設規模は「意思決定支援チーム」が約2年かけて、利用者の意向をまとめた上で決定。4年後の2021年度中には全ての利用者の入所完了を目指すという。

地域での生活実現に向け支援

 今回の構想の軸となる「施設の小規模・分散化」。県は構想の中で現在の障害福祉施策として、入所施設が小規模化している傾向があるとする。

 その理由として障害の有無や程度に関わらず、障害者と健常者が社会生活を共にする”ノーマライゼーション”の考えがあることを挙げ、より身近な地域で生活をするための支援や、施設の小規模化で風通しを良くする必要性を強調している。

 今回の構想を受け、移転先の芹が谷連合自治会の藤田誠治会長は「前施設の『ひばりが丘学園』の頃からボランティアメンバーの住民も多かった。私たちもより勉強して、障害のある人々と交流していきたい」と話す。家族会の大月和真会長は「地域に受け入れてもらえるのは一番の幸せだと思う。構想は願っていた形とは異なるが、すばらしい内容。実現するのを見守りたい」と話していた。

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月16日号

運転の不安 窓口で相談を

高齢運転者

運転の不安 窓口で相談を

11月16日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月9日号

中高生の芸術「発表の場を」

医師がスマホで育児相談

2区菅氏、4区早稲田氏 選挙区制す

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク