港南区・栄区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

栄区地域子育て支援拠点「にこりんく」の施設長として子育て支援活動を行う五十嵐 京子さん飯島町在住 43歳

貴重な瞬間 向き合う毎日

 ○…0歳から未就学児までの親子の居場所として、さまざまな活動を行う栄区地域子育て支援拠点「にこりんく」。開所した2009年、長女が幼稚園に入園したのをきっかけにスタッフとして働き始めた。13年からは施設長を務める。1日に約90人(16年度時点)の親子が訪れる同施設で、子育て中の親たちを支援する活動に日々奔走する。

 ○…京都で生まれ育った。子どもが好きで、大学卒業後は幼稚園教諭として働いた。結婚を機に東京に移り、出産。長男が2歳半の時、栄区に移り住んだ。「知り合いがいなくて、大変な子育て。サロンはあったけれど、身近な地域で行ける居場所も少なかった」と振り返る。子育てに不安を感じる日々。地域ケアプラザなどで定期的に開かれる子育て広場に通い、そこで出会った子育て支援者のスタッフたちに助けられた。「栄区は子育てしやすい街だと思う。地域が温かく見守ってくれる」。このときの経験が、今の仕事に生きている。

 ○…「今のママたちは身近な応援者が少ない。出産後に仕事復帰する母親も多く、短い時間で子育てに一生懸命」と感じる。「にこりんく」では親同士が悩みを共有し合い、つながりが出来るように、きっかけを促すプログラムづくりに力を入れている。子どもを抱きながら合唱する「抱っこママコーラス」は5年前に自らが立ち上げ、今では50人近い母親が参加する。「赤ちゃんはママの声が大好き。子どもを可愛いと思ってもらい、ママ自身も輝いてほしい」と願う。

 ○…子育て支援活動に携わり、幼稚園教諭時代とはまた違う楽しさを知った。「乳幼児の子育てという貴重な瞬間に向き合えることが新鮮。新たな発見もあって、幸せな仕事」。休日は高1の長男と中1の長女の部活のサポートなどで慌ただしく、自分自身の余暇は少ない。「まだまだ自分も子育て中。落ち着いたら、趣味の合唱を楽しめる時間を作れるのを夢見ています」

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月23日号

森田 邦夫さん

栄区の老人福祉センター「翠風荘」の所長を務める

森田 邦夫さん

11月16日号

廣畑 成志さん

発起人として「港南台 街&暮らし白書2020」づくりを続ける

廣畑 成志さん

10月26日号

田邊 俊介さん

栄スポーツセンター所長として地域のスポーツや文化の振興に取り組む

田邊 俊介さん

10月12日号

田村 淳一さん

港南警察署の署長に新しく着任した

田村 淳一さん

10月5日号

陶山 誠さん

港南区内の石仏・石塔353基を紹介する「わがまち港南の石仏たち」を著した

陶山 誠さん

9月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク