中区・西区版 掲載号:2016年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

横浜マリンFM

ミニラジオ局に挑戦

文化

大日本プロレスの協力で

笹原代表(左)とDJを務めた新井さん
笹原代表(左)とDJを務めた新井さん
 災害時の情報伝達に有効とされるコミュニティーFM。中区で放送局開設をめざし活動する「横浜マリンFM開局準備室」は5月5日、文化体育館で行われた大日本プロレスの大会において”ミニラジオ局”を開局した。周波数を合わせると会場の中だけで放送が聞けるというもの。

 放送は、試合が始まるまでの1時間と休憩時間20分、そして大会終了後の30分ほど。5月29日に中区石川町で行われるフードイベント「裏フェス」や、2017年の中区90周年に向けた区役所の取り組み、また4月に発生した熊本地震の募金箱情報にJ3リーグの地元プロサッカーチームYSCCの紹介など、それぞれ関係者を招いて放送された。

 今回の取り組みは、大日本プロレス統括マネージャーで、自らラジオ番組を持つ池須ゆたかさんからの提案で実現した。開局準備室の代表を務める笹原延介さんは「トライアルのつもりで、提案をありがたくお受けした」と話す。

 音楽制作会社を経営する笹原さんを中心に地域の支援者とともに2014年に立ち上げられた準備室は、現在、「Webラジオ」で12番組を放送しており、5日のミニ開局は「実力を示すよい機会になった」と笹原さんは振り返る。普段から番組を持ち、当日DJを務めた俳優の新井昌和さんは「いつもとは違う空間は刺激的だった」と語った。

 笹原さんは、東日本大震災や熊本地震においてもコミュニティーFMが活用されていることを指摘し、地域に細かな情報を伝えることができる同FMの必要性を訴える。「開局するためには、皆さまの声が必要です。今年は、コミュニティーFMに対する地域の理解をさらに深めることが目標です」と話した。

関連記事powered by weblio


今週末は横浜北仲マルシェへ

マルシェの大収穫祭!実りの秋を楽しもう!

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

”定位置”脱出へ正念場

サッカーYSCC

”定位置”脱出へ正念場

10月19日号

特別賞に東ヶ丘の「カサコ」

日本都市計画家協会賞

特別賞に東ヶ丘の「カサコ」

10月19日号

緑に染まるマリンタワー

「都市木造」を語る

地域のつながりに21回目

ポレポレまつり

地域のつながりに21回目

10月19日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク