中区・西区版 掲載号:2017年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

(株)大川印刷

「おもてなし」を形に 社会

「『横浜金魚』コースター」

コースターを手にする梶原さん(左)と宇賀神さん(右)
コースターを手にする梶原さん(左)と宇賀神さん(右)
 グラスを置いて上から覗くと、金魚が泳いでいるように見えるユニークなコースター。学生時代に美術を専攻していた梶原緑さんが、自宅で来客をもてなす際に手作りしていたものがきっかけだったという。「『通っちゃった』という感じ。69商品の応募があったと聞いて驚いた」と梶原さん。

 コースターは宇賀神宏恵さんが活版印刷機で印刷する。力加減が難しく、尻尾の網掛け模様が潰れて失敗することも。宇賀神さんは「師匠に教わりながら一枚ずつ心を込めて印刷しています」とはにかむ。

 横浜土産として広く認識してもらえるよう、パッケージには英語の説明書きも併記されている。梶原さんは「リサイクルできる紙を用いて改良できれば」と意気込んだ。

関連記事powered by weblio


今週末は横浜北仲マルシェへ

マルシェの大収穫祭!実りの秋を楽しもう!

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

”定位置”脱出へ正念場

サッカーYSCC

”定位置”脱出へ正念場

10月19日号

特別賞に東ヶ丘の「CoC」

日本都市計画家協会賞

特別賞に東ヶ丘の「CoC」

10月19日号

緑に染まるマリンタワー

「都市木造」を語る

地域のつながりに21回目

ポレポレまつり

地域のつながりに21回目

10月19日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク