中区・西区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

アメリカ山公園

キャンプで防災意識育む 教育

小学生29人が参加

新聞紙で食器作りに挑戦した
新聞紙で食器作りに挑戦した
 元町・中華街駅施設屋上のアメリカ山公園で3月11日から12日にかけ、防災の意識を高め、その能力を身につける「防災体験キャンプ」が初開催された。

 これは発生から6年が経つ東日本大震災の風化防止、同公園と地域のつながり形成を目的に行われたもの。アメリカ山ガーデンアカデミーの主催。

 当日は小学1年生から4年生まで近隣小学校の子どもたち29人が参加。子どもたちはテントの設営や新聞紙での食器・コップ作り、防災カルタ遊びなどを体験した。カルタを体験した小学4年の女の子は「楽しかった。防災の知識がついて勉強になった」と話した。

 その他、具材を挟んだパンにアルミホイルや新聞紙、牛乳パックを巻きつけて焼くホットドッグ(カートンドッグ)作り、テントでの宿泊など、子どもたちは非常時に備えた本格的なキャンプを体験した。

関連記事powered by weblio


今週末は横浜北仲マルシェへ

マルシェの大収穫祭!実りの秋を楽しもう!

http://www.yokohama-kitanaka-marche.jp/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

”定位置”脱出へ正念場

サッカーYSCC

”定位置”脱出へ正念場

10月19日号

特別賞に東ヶ丘の「カサコ」

日本都市計画家協会賞

特別賞に東ヶ丘の「カサコ」

10月19日号

緑に染まるマリンタワー

「都市木造」を語る

地域のつながりに21回目

ポレポレまつり

地域のつながりに21回目

10月19日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク