中区・西区版 掲載号:2017年3月16日号

YSCC吉田選手

"最速"100試合連続出場 スポーツ

J3で記録達成

YSCCの吉野次郎理事長(右)から記念の花束を受け取る吉田選手
YSCCの吉野次郎理事長(右)から記念の花束を受け取る吉田選手

 サッカーJ3リーグの今季開幕戦・YSCC対福島ユナイテッドFCが3月11日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、YSCCのMF吉田明生選手(30)が100試合連続出場を達成した。J3は今節が設立から通算100試合目で、連続出場記録は最速での達成。

 吉田選手は藤沢市出身。東海大を卒業後、群馬のクラブを経て2010年にYSCCへ入団。14年にクラブがJ3リーグに参入以降、全ての試合に出場してきた。そのうちフル出場でないのは2試合だけ。まさにミスターYSCCともいうべき「鉄人」だ。

 記念すべき100試合目も左のMFで先発メンバー入り。試合開始前には記録達成を祝うセレモニーが行われ、YSCCの吉野次郎理事長から記念の花束が贈られた。クラブ関係者によると、チームカラーの青をモチーフにしたこの花束は、以前クラブに在籍していた元選手がアレンジしたもの。

 ピッチの前でセレモニーを見守っていた吉田選手の母・富美子さん(63)は「ずっと楽しませてもらってありがとう、という気持ち。体調管理など、日々の努力がつながった結果だと思う」と快挙を喜んだ。

 この試合、吉田選手は序盤から積極的に前線でチャンスを作る。しかし前半で2失点を喫すると、ポジションを下げてボランチでプレー。後半途中には交代選手からキャプテンマークを引き継ぎ、劣勢に立つチームを鼓舞したが、0対2で敗戦となった。

 指揮官の樋口靖洋監督は試合後「100試合、3年間ほぼフル出場した上で今日を迎えるというのは、本当に素晴らしいこと。ある意味選手の鏡、クラブの財産のひとり」と称えた。

 吉田選手は「セレモニーもやってもらって、本当にありがたい気持ち。僕一人の力というより、周りのサポートがあってのこと。周りに感謝したい。応援があったからこそ続けることができた」と話した。

 3シーズン連続でJ3最下位と、苦戦が続くYSCC。背番号10が築いた名誉ある記録と共に、今年の躍進に期待がかかる。
 

中区・西区版のトップニュース最新6件

春のヨコハマ 電車でPR

子ども居場所に意見交換

西区

子ども居場所に意見交換

3月23日号

日本丸、国の重文へ

口腔ケア推進で連携

横浜市立大と歯科医師会・市

口腔ケア推進で連携

3月9日号

地域つなぐ「カフェ」開設へ

石川町「ひらがな商店街」

地域つなぐ「カフェ」開設へ

3月9日号

「にこまちプラン」推進に重点

2017年度西区予算案

「にこまちプラン」推進に重点

3月2日号

関連記事(ベータ版)

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

収集海図を展示

収集海図を展示

中央図書館で4月16日まで

3月22日~4月16日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/