中区・西区版 掲載号:2017年4月13日号

横浜緑ケ丘高校出身で四季株式会社(劇団四季)の代表取締役社長を務める

吉田 智誉樹(ちよき)さん

南区在住 52歳

前向きになれる演劇を

 ○…劇団四季初となる「オペラ座の怪人」の横浜公演を8月まで開催する。横浜での長期公演は「キャッツ」以来約4年ぶり。「1983年に都内から青葉区に移って以来、横浜は劇団四季の本拠地。一度観に来られた人が繰り返し来られるような良い舞台を創りたい」と笑顔で語った。

 ○…南区の出身。横浜緑ケ丘高校に進学し、学校の最寄り・山手駅で小学生の頃仲良くしていた”兄貴分”の先輩に勧誘され、演劇部に所属する。それまで演劇経験がなく、初めは恥ずかしさがあったが、本番に向け大勢の人が集中する姿に魅かれた。「人生を決定づけた3年間だった」と当時を振り返る。高校2年時に劇団四季の公演を観劇した際、創設者の一人で前社長の浅利慶太さんと居合わす不思議な縁もあった。「浅利さんは全然覚えていませんでしたけど」と苦笑い。

 ○…慶應義塾大学を卒業後、エンターテイメントとしての演劇発展の可能性を感じ劇団四季へ。「チケットを売ることが仕事の最終地点」という劇団の方針のもと、営業からキャリアをスタートした。その後は札幌から福岡まで全国各地で主に広報宣伝関連を担い、14年から現職を務める。一番の思い出は92年に北京や長春など中国4都市でミュージカル「李香蘭」の公演に携わったこと。日本人でありながら、中国人女優として日中の戦中戦後を生きた女性の波乱の生涯を描いた作品を、当時の中国で上演するのはとても緊張したと振り返る。それでも公演は成功をおさめ、演劇を通した文化交流の可能性を確信したという。

 ○…「演劇は社会が豊かであるからこそ成り立つのであり、その恩恵を忘れてはならない」という劇団の教えを大切にする。今後は作品の創作体制を整え、劇団の外部とも積極的に協力していきたいと話す。「作品を観た人が『また明日から仕事を頑張ろう』と前向きになれるようなものを創りたい」と意気込んだ。
 

関連記事powered by weblio


中区・西区版の人物風土記最新6件

早瀨 久美さん

デフリンピック2017サムスン大会で日本選手団の主将を務めた

早瀨 久美さん

9月7日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

妹尾 明寛さん

横浜市西区歯科医師会の会長に就任した

妹尾 明寛さん

8月24日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月17日号

蜂須賀(はちすか) 敬明(たかあき)さん

『横浜大戦争』を執筆した

蜂須賀(はちすか) 敬明(たかあき)さん

8月3日号

福永 浩世さん

60周年を迎えた西区子ども会育成連絡協議会の会長を務める

福永 浩世さん

7月27日号

中区・西区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/