中区・西区版 掲載号:2017年9月7日号

歴史刻む新シャッター 社会

再来年100周年の西消防署

塗り替えたシャッターの前に立つ、火災予防協会の緑川会長(左)と西消防署の中嶋署長
塗り替えたシャッターの前に立つ、火災予防協会の緑川会長(左)と西消防署の中嶋署長
 西区戸部本町の西消防署(中嶋俊明署長)正面の、緊急車両が出動するガレージのシャッター2枚が8月下旬にリニューアルされた。

 西消防署は2019年9月に100周年を迎える。関東大震災や戦争を経験しながらも創設以来一度も移転・統合を経験していない。同署によると、これは全国の消防署で唯一のことだという。

 今回のリニューアルは、こうした同署の歩みを地域住民にも共有してもらい、防災への意識を高めてもらうことが目的。「この地で100年」など歴史を告げる文章とともに、関東大震災直後の消防隊や、昭和初期の西戸部消防署時代の庁舎の写真が描かれている。

 制作にあたっては、西火災予防協会が費用を負担した。同協会の緑川美津雄会長((株)崎陽軒常務取締役)は「協会としても100周年の記念に協力したく、作成しました」と話した。

 同署ではこのほか記念誌を製作するなど、節目に向けた準備を進めている。

関連記事powered by weblio


中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/