南区版 掲載号:2017年1月1日号

吉田新田

完成350年で記念企画 社会

市民団体、活性化へ始動

吉田新田の地域(吉野町)
吉田新田の地域(吉野町)
 2017年は現在の南区と中区にまたがる「吉田新田」が1667(寛文7)年に完成してから350周年を迎える。節目の年を盛り上げようと、新田地域内の商店街、まちづくり団体関係者らが記念企画の実行委員会を立ち上げて準備を進めている。また、1月下旬には吉田新田にまつわる伝説をモチーフにしたミュージカルも行われる。

 吉田新田は大岡川河口部の入海を江戸の材木商、吉田勘兵衛らが干拓したもの。1656年に工事が始まったが、2年後に大雨で潮除堤が崩壊するなど、難工事となり、開始から11年後の1667年に完成した。後に新田の沖合が埋め立てられ、開港場となるなど、横浜の発展につながる基礎となった。

南・中区の商店街参画

 新田完成350年を契機に地域内を盛り上げようと、昨年11月に「YS350(横浜吉田新田350周年記念プロジェクト)実行委員会」が設立された。横浜橋、伊勢佐木町、野毛、馬車道などの商店街やまちづくり団体が参加する「関内・関外地区活性化協議会」のメンバーを中心に25人の委員で構成される。委員長には横浜橋通商店街副理事長の高橋一成氏=人物風土記で紹介=が就いた。

 同委員会は「伝承」「再発見」「共感」をキーワードに新田に関するエピソードを展示を通して紹介するほか、9月の日枝神社例大祭を市内外にPRしていく。また、4月の野毛大道芸など、既存のイベントと連動した盛り上げ企画も予定している。5月の「ザよこはまパレード(国際仮装行列)」への参加を予定し、350年前から現代までの物語をテーマにしたパレード隊を結成する。

 高橋委員長は「19年の横浜開港160周年、23年の日枝神社創建350周年に向けて、息の長い文化事業にしたい」と意気込む。

「伝説」がミュージカルに

 新田干拓が難工事だったために生まれたとされる「おさんの人柱伝説」を題材にしたミュージカル「おさん伝説」が1月29日、関内ホールで開かれる。

 横浜市民ミュージカル公演実行委員会らの主催。昨年1月に続く再演で、現代に生活する「おさん」の生まれ変わりの「さなえ」を主人公に過去と現在をつなぎ、時代を超えて人柱のしょく罪を果たす「ちょっぴり切ない愛と許しの物語」となっている。

 稽古は昨年9月から吉野町市民プラザなどで行われている。公演には5歳から80歳までの市民団員が出演予定。脚本・振付・演出を担当する福島桂子さんは「脚本がまとまりストーリーがつながった」と話す。

 公演は午前11時と午後4時の2回。一般2200円、高校生以下1200円。全席自由。問い合わせは同ミュージカル事務局【電話】045・641・3066。

関連記事powered by weblio


南区版のトップニュース最新6件

アジサイ見頃の中、70周年

75%が法令違反

中学生の自転車事故

75%が法令違反

6月22日号

個人情報取扱いに戸惑い

自治会町内会

個人情報取扱いに戸惑い

6月15日号

林市長、3選出馬を表明

外国人に学校生活説明

「カード手渡し型」が増加

振り込め詐欺

「カード手渡し型」が増加

6月8日号

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/