南区版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

「障害者スポーツ知って」 パラ選手参加で体験企画

スポーツ

車いすバスケの試合を行う中学生ら
車いすバスケの試合を行う中学生ら
 パラリンピックに出場した選手らが障害者スポーツの楽しさを伝える講演・体験会が1月14日、市立横浜商業高校で開かれた。約250人が参加し、パラリンピアンが車いすバスケットボールなどを直接指導した。南区は2020年の東京五輪・パラリンピックへ向け、今後も関連事業に取り組み、スポーツ振興、障害者スポーツへの理解を進めていく。

 講演・体験会は区が企画。講演会では、日本パラ陸上競技連盟普及振興副委員長の小山良隆さんがパラリンピックの種目について解説。障害者でもオリンピックに出場している選手がいることなどを紹介した。続いて、昨夏のリオ大会のウィルチェアー(車いす)ラグビー日本代表で銅メダルを獲得した若山英史選手、山口貴久選手が競技について説明した。

 体育館では、1988年のソウルパラリンピックに出場し、現在は障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」の指導員を務める伊藤俊之さんが中心となった車いすバスケットボールの体験会が開かれた。競技用の車いすが用意され、蒔田中学校男子バスケットボール部やY校生の保護者らが参加。車いすの基本的な動かし方から床にあるボールを車輪の側面に沿わせて拾い上げる方法などが伝えられた。

異なる感覚に戸惑い

 蒔田中バスケ部の生徒は試合形式のプレーも行い、部長の大須賀温人君(2年)は「車いすに座った位置からだと、ゴールとの距離感がつかみづらかった」と話し、競技特有の難しさを感じた様子だった。南区スポーツ推進委員連絡協議会の金谷庄三会長も体験し、「腕だけではゴールまでボールが届かない」と話した。

 指導した伊藤さんは「競技に興味を持ってもらえた。子どもや保護者など、障害者スポーツを知ってほしい世代に参加してもらったことは大きい」と喜んだ。

学校にオリンピアン派遣も

 南区は20年の五輪開催を契機に、区民のスポーツに対する関心を高める取り組みを今年度から本格的に進めている。来年度以降も五輪関連事業を行い、地域の活性化につなげる方針。

 ほかにも、市教育委員会は、小中学校に五輪出場経験者を派遣する事業を展開している。昨年10月には蒔田小を元体操日本代表で1996年のアトランタ五輪に出場した田中光さんが訪れ、実技を披露するなどしている。

12月10日から25日

商店街お買物券1万円分などが当たる抽選会開催

http://www.yokohamabashi.com/

年末年始限定メニュー予約受付中

厳選した新鮮な上質素材!見た目も味も文句なし!

http://www.yokohamatei.com/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サンタ呼ぶ飾り作り

サンタ呼ぶ飾り作り

アート団体、16日に講座

12月16日~12月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の動物園

    〈連載〉さすらいヨコハマ㉚

    横浜の動物園

    大衆文化評論家 指田 文夫

    12月7日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク