南区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

被災地支援で餅を販売「ドンドン」がチャリティー

社会

餅を購入する買い物客(右)とスタッフ
餅を購入する買い物客(右)とスタッフ

 ドンドン商店会(榎本喬夫理事長)で3月4日、東日本大震災復興支援に向けたチャリティー餅つき大会が行われ、つき立ての餅などが販売された。

 大会の売り上げの全額を被災地に送っており、昨年は震災で親を亡くした子どもを支援する団体などのために使われた。

 当日は40kgのもち米を用意。衛生面への配慮から、屋内でついた餅にきな粉やあん、ごまなどをまぶして約300パックを販売した。

 開始時間には商店会の通りに列ができるなどしてにぎわった。榎本理事長は「まだ復興には時間がかかると聞く。少しでも役にたてたら」と話した。
 

南区版のローカルニュース最新6件

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもが「夢」発表

子どもが「夢」発表

26日に青少年の主張

11月26日~11月26日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク