南区版 掲載号:2017年3月9日号

被災地支援で餅を販売 社会

「ドンドン」がチャリティー

餅を購入する買い物客(右)とスタッフ
餅を購入する買い物客(右)とスタッフ

 ドンドン商店会(榎本喬夫理事長)で3月4日、東日本大震災復興支援に向けたチャリティー餅つき大会が行われ、つき立ての餅などが販売された。

 大会の売り上げの全額を被災地に送っており、昨年は震災で親を亡くした子どもを支援する団体などのために使われた。

 当日は40kgのもち米を用意。衛生面への配慮から、屋内でついた餅にきな粉やあん、ごまなどをまぶして約300パックを販売した。

 開始時間には商店会の通りに列ができるなどしてにぎわった。榎本理事長は「まだ復興には時間がかかると聞く。少しでも役にたてたら」と話した。
 

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜橋で「大人の縁日」

横浜橋で「大人の縁日」

28日夜に初企画

7月28日~7月28日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/