南区版 掲載号:2017年4月13日号

母乳育児支援コラム 33

抱いて、見つめて、話しかけて

保健師 朝倉 きみ子〈子どものいのちと向き合って〉

 今回は育児の会OGの方のエッセイを紹介します。

     ◇

 11カ月。呼吸状態が悪くやっと息をしている。熱は42度。寝返りもできず、目も開けられず、泣き声も弱くぐったり。全てのエネルギーを呼吸とおっぱいにだけ注いでいるという状態でした。酸素のチューブ、点滴、体中にさまざまなモニターが取り付けられていました。子どもは弱い泣き声で私を呼んでは必死でおっぱいを吸っていました。抱きしめながら、ベッドの中で私は泣いていました。その時、目も開けられず、手足も動かせずにぐったりしていた子どもがすぅーっと手を伸ばして私の頬をさすってくれたのです。小さな手はとっても温かくて優しさに溢れていました。「あ〜、生きている!頑張って生きようとしている!」この時わが子の「いのち」を感じました。

 おっぱいを懸命に吸い、少しずつ良くなっていく子どもを見て、医療器具や薬に頼っては治らないと感じ、おっぱいってすごい!おっぱいがこの子の生きる力になっていたんだ!おっぱいで私と子どもは「いのち」を分け合っている!と強く感じました。「おっぱい」と「この子の生きる力」をもっと信じようと思いました。

 この時からもっとすてきなおっぱいを出そう、もっと生きていることを楽しもう、そして子どもと「いのち=おっぱい」を分け合う時間を大切にしようと思うようになったのです。

 育児中は悩みや不安がたくさん出てくるけど、悩んで頭が爆発しそうになったら「今この瞬間子どもも私も生きている。それだけで十分幸せじゃない!生きているだけでOK!」と思うようにしています。2歳の息子と「いのち」を分け合いながら毎日私らしいおっぱい育児を楽しんでいます。

     ◇

 おっぱいはおかあさんと子どもの「いのち」を育み、「いのち」をつなぎ続ける「いのちの源」なのです。おっぱいは宝物です。
 

南区版のコラム最新6件

平和球場で見た試合

〈連載〉さすらいヨコハマ㉕

平和球場で見た試合

5月18日号

桜が咲いて冬でした

〈連載〉さすらいヨコハマ㉔

桜が咲いて冬でした

4月6日号

抱いて、見つめて、話しかけて

母乳育児支援コラム 32

抱いて、見つめて、話しかけて

2月9日号

日本リーグのころ

〈連載〉さすらいヨコハマ㉓

日本リーグのころ

2月2日号

抱いて、見つめて、話しかけて

母乳育児支援コラム 31

抱いて、見つめて、話しかけて

12月22日号

原節子の悲劇

〈連載〉さすらいヨコハマ㉒

原節子の悲劇

11月10日号

5/29くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/