南区版 掲載号:2017年5月11日号

南区民児協

「思いやりの心 広げたい」 社会

5月12日は「民生委員の日」

展示中のパネルの前で大竹会長
展示中のパネルの前で大竹会長

 地域に根差した思いやりの心を広げようと、5月12日は「民生委員・児童委員の日」に定められている。現在、南区では270人の民生委員が活動。高齢者世帯への定期訪問などを行い、地域福祉を支えている。

 民生委員・児童委員は厚労相から委嘱される特別職の地方公務員で、地域に住む子どもから高齢者までを支援する。児童福祉に関することを担当する民生委員・児童委員は「主任児童委員」とされ、「民生委員」とは主任児童委員を含んだ民生委員・児童委員を指す。

 定数は各地域の世帯数などによって基準が定められており、南区の定数は280人。現在は270人が活動している。

 民生委員は生活や福祉に関する地域の身近な相談相手として、行政とのパイプ役を担う。担当地域の高齢者世帯を訪問する見守り活動などを通じ、援助が必要な住民の相談に応じながら、福祉サービスの利用援助や情報提供を行う。

 民生委員を20年以上務める南区民生委員児童委員協議会の大竹多喜男会長によると、近年は単身高齢者世帯が増え、定期訪問の件数が増加。近所付き合いの希薄化なども影響してか、訪問先の高齢者が「施設に入った」「入院した」「亡くなった」などの情報が20年前と比べて入りづらくなっているという。

 同協議会では、月に一度の定例会で南区内16地区の事例を紹介するなどし、情報共有を図っている。話し合った内容は代表者が各地区に持ち帰り、委員に伝達。大竹会長は「一人で背負わず、みんなで相談しながら解決することを心掛けている」という。区全体の福祉ニーズの把握のほか、民生委員一人ひとりの負担軽減につなげている。

制度創設100年

 現在は「民生委員・児童委員の日」に合わせ、活動を紹介したパネルが南区役所1階ギャラリーで5月12日まで展示されている。また、1917年の民生委員制度創設から100周年の節目となる今年、南区では記念式典が計画されている。

 民生委員がその役割を十分に果たすには、住民の困りごとを早期発見する隣近所の顔が見える関係の構築が重要となる。大竹会長は「その活動を多くの人に知ってもらい、理解が深まれば」と話し、節目の1年で地域に思いやりの心の輪を広げたいという。
 

南区版のトップニュース最新6件

「『地域の力』応援」を軸に

南区運営方針

「『地域の力』応援」を軸に

5月25日号

個人宅と空き家でサロン

唐沢

個人宅と空き家でサロン

5月25日号

区役所に専門相談窓口

横浜市ひきこもり対策

区役所に専門相談窓口

5月18日号

「土」で住民つなげ市表彰

六ツ川野外サロン

「土」で住民つなげ市表彰

5月18日号

井土ヶ谷に「まちの図書館」

開催定期化、担い手増も

こども食堂

開催定期化、担い手増も

5月4日号

5/29くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/