南区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

南消防団第一分団長で春の褒章で藍綬褒章を受章した

浜中 孝夫さん

清水ヶ丘在住 69歳

黙々とまちの安全守る

 〇…約40年間、消防団員として活動してきた功績が認められての受章に「最初に話があった時は、寝られない日もあった。それだけ重いものだと感じる」と噛み締めるように話す。「消防団長、団員、署長に感謝したい」と、どこまでも謙虚な姿勢を崩さない。

 〇…北海道で生まれ、3歳から南区に。南太田小から蒔田中に進み、職業訓練校を経て市営バスの車掌を6年間務める。その後、義兄と水道工事の会社を設立。「三が日以外は仕事だった」という多忙な中、町内会の知り合いから消防団入りを勧められた。入団を申し出るが、待てど暮らせど正式決定は出ず、結局、5年間も待った。「素行を見て、『コイツなら大丈夫』と慎重に判断したのでは」と振り返る。消防団員にはそれだけの厳格さが求められるとも感じている。入団後は操法訓練大会の選手に選ばれ、毎晩練習。火災現場から寝ずに翌朝の仕事に向かうこともあった。

 〇…忘れられない現場がある。2008年、自宅そばの火災で高齢者が死亡。消防隊員でも救助できない規模の火災だったが、「助けられなかったという思いが残る」。以来、「地域から火を出さない」との使命感が強くなった。11年に分団長に。「率先して黙々とやってくれる団員を評価する」のが信念。若いころの自分を重ね合わせるかのように「細かい仕事をしてくれる人に光を当てたい」と願う。若い団員も増え、「和気あいあいとした雰囲気になってきた」と笑顔。

 〇…04年から町内会長も務める。「町内会の和」を最も大切にする。近所の人と旅行に行くのが楽しみ。昔からの趣味は釣りだが、しばらく行けていない。「船の上でぼーっとしたいね」と笑う。妻と娘の3人で暮らす。「家のことを守ってくれている」と妻に感謝。「寿消防団の流れを継ぐ伝統ある第一分団で若い人を育てたい」と残り少ない消防団人生も黙々と背中で後輩を引っ張っていく。

関連記事powered by weblio


南区版の人物風土記最新6件

酒井 佳子(よしこ)さん

「姉さま人形」など、千代紙人形の伝統を守るための活動を続ける

酒井 佳子(よしこ)さん

10月19日号

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

10月12日号

松下 信之さん

リフォーム会社の社長で落語・講談などのイベントを企画する

松下 信之さん

10月5日号

小倉 幸夫さん

「かながわ産業Navi大賞」で優秀賞に輝いた「ジャパンプローブ株式会社」代表取締役社長を務める

小倉 幸夫さん

9月14日号

若林 弘泰さん

永田台小・永田中出身で夏の甲子園でベスト4入りした東海大菅生高校野球部の監督を務める

若林 弘泰さん

9月7日号

河原 英信さん

「太陽住建」の会長で地域交流拠点での活動に奔走する

河原 英信さん

8月31日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク