南区版 掲載号:2017年5月18日号

県立こども医療センター

長場さんに県看護賞 社会

がん診療の質向上に尽力

受賞を喜ぶ長場さん
受賞を喜ぶ長場さん

 六ツ川にある県立こども医療センターで小児がんセンター長を務める看護師の長場直子さん(59)がこのほど、県看護賞を受賞した。

 同賞は県内で看護師や保健師、助産師など、専門的な業務で顕著な業績をあげた人を表彰するもので52回目。近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にあたる5月12日の「看護の日」前後に毎年公表される。長場さんを含む10人が選出された。

研修制度を構築

 長場さんは、県立がんセンターや足柄上病院、循環器呼吸器病センターなどで勤務。がんセンターで看護科長を務めた約15年前、職歴や年齢、経験などにとらわれず、自己評価や他者評価によって必要なスキルを明確にし、看護師らの能力アップを図るキャリアラダーに基づいた院内研修を構築・実践。評価手順の作成を行うなどし、職員のキャリア支援に貢献した。

 12年から県立こども医療センターで勤務し、看護局長や副院長などを歴任。県内唯一の「小児がん拠点病院」に指定される同センターで相談支援室の設立のほか、患者と家族を中心にした診療や臨床研究、相談などを効果的に進めるための「小児がんセンター」設置に携わり、小児がん診療の質の向上に尽力したことなどが評価された。

 同センターでは退院した小児がん患者の「長期フォローアップ外来」を4月に開設。小児がん経験者らが過去の治療を把握することなど、治療後の後遺症や合併症への不安などの相談に応じ、支援している。長場さんは看護師として「患者さんの状況を相手の立場に立って考え、足りないものを手助けすることを大切にしてきた」と語り、今後も患者の健康管理や支援体制を発展させたいとした。
 

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

水銀式体温計 薬局で回収

Y校女子5人が銅メダル

インターハイボート競技

Y校女子5人が銅メダル

8月17日号

教員らが情報共有

南が丘中生と食卓囲む

六ツ川住民

南が丘中生と食卓囲む

8月17日号

個人指導を開始

DeNA施設内スポーツクラブ

個人指導を開始

8月17日号

「港と客船」の写真募集

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「民主主義の大切さを」

「民主主義の大切さを」

9月2日に平和フェスタ

9月2日~9月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/