南区版 掲載号:2017年5月18日号

六ツ川野外サロン

「土」で住民つなげ市表彰 社会

農作業で外出機会創出

畑で農作業に励むサロンのメンバー
畑で農作業に励むサロンのメンバー

 六ツ川地区連合自治会の住民が農作業を通じて高齢者らが外に出やすい環境を作れるように取り組む「六ツ川野外サロン」がこのほど、「第8回横浜・人・まち・デザイン賞」を受賞した。南区内での受賞は2002年の弘明寺商店街以来2例目。同サロンは朝市や肥料作りにも取り組み、住民が地域活動に興味を持つきっかけを生み出したことなどが評価された。

 同表彰は魅力あるまちづくり推進を目的に市が隔年で実施。まちづくりで功績のあった団体を顕彰する「地域まちづくり部門」と、都市景観を創造した建築物などを表彰する「まちなみ景観部門」があり、六ツ川が選出された「まちづくり」では6団体が表彰された。

 野外サロンは11年、地域の高齢者世帯の見守り活動に力を入れようと始まった。独居の人などが外に出たくなるような仕掛けを行うことで交流を図り、隣近所の見守りと、家にこもりがちな高齢者にとっての”やりがい”を創出しようとした。

 当時、同地区連合自治会会長を務めた東梅良成さん(79)が別所7丁目にある約140坪の市有地を見つけ「団塊の世代には”土いじり”をしたい人が多いのではないか。ここで畑ができたらサロンになる」と考えたという。

 自治会で土地を借り、約10人のメンバーでサロンがスタート。毎週月曜日の2時間、ダイコンやジャガイモなどの野菜を育て、作業後は菓子やお茶を囲んで交流を図った。

男性参加者が増

 12年からは育てた野菜を販売する「朝市サロン」を開始。農作業は体力が必要なこともあり、子どもの頃に体験していた男性が昔を懐かしむように参加するようになった。子どもや親が参加するジャガイモの収穫祭なども実施。活動資金は朝市の売り上げのほか、まちづくりを支援する区や区社協からの補助金が支えになった。

 現在は約40人が活動。創設から昨年までの約5年間、サロンの代表を務めた宮部洋介さん(78)は「自分が所属する町内会がどこかを知らなかった人もいたが、サロンで外に出て、地域活動に興味を持ってくれた」と喜ぶ。活動をきっかけに、今では地区内の自治会長や青少年指導員として活躍する住民もいるという。

小学校で畑作り

 生ごみを堆肥化する取り組みにも着手。別所小、六つ川小の協力で給食の食べ残しを利用した肥料を作り、サロンの農作業に役立てたほか、14年からは六つ川小の校内畑でメンバーらが小学生に農作業を指導。子どもが「土」に触れる機会を提供し、食育にもつなげた。近年はまちづくり活動に興味がある南区以外の人も見学に訪れる。

 5月12日には、西区の市長公舎で表彰式が行われ、東梅さんと宮部さんが出席。東梅さんは「土で人がつながり、『担い手』の発掘もできた」と話し、宮部さんは「今後も続けていくことが目標。子どもも集まるジャガイモの収穫祭を六ツ川地区の夏の風物詩にしたい」と展望を語った。
 

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

別所、大岡の拡幅着手

汐見台平戸線

別所、大岡の拡幅着手

9月21日号

「感謝」胸に最後の発表会

永田南「は〜とふるの会」

「感謝」胸に最後の発表会

9月21日号

高齢者の消費者被害拡大

日本語支援拠点が始動

外国籍児童生徒対象

日本語支援拠点が始動

9月14日号

「高齢者に心の拠り所を」

六ツ川住民有志

「高齢者に心の拠り所を」

9月7日号

芸術劇場整備に意欲

林市長

芸術劇場整備に意欲

9月7日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉田新田の「人」写す

吉田新田の「人」写す

19日から区庁舎で作品展

9月19日~9月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク