南区版 掲載号:2017年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

「家庭倫理の会横浜市」の会長で生涯学習などを通じた健全な家庭の育成に尽力する

後藤 長重さん

大岡在住 52歳

心通じ合う毎日を

 ○…約2千人の会員がいる「家庭倫理の会横浜市」の会長に昨年9月から就いた。7月15日に子育て世代の親らが豊かな家庭生活を送るための知恵などを学ぶセミナーを開催。「参加者から良い反応があった」と思わず頬が緩む。「学ぶ」「実践する」ことを大切にしているという同会。「より良い家庭を築くことが活動の大前提。公教育ではできない部分を私たちが担っていけたら」と決意を語る。

 ○…南太田にあるビルやマンションなどの建物管理事業などを行う横浜管財(株)の代表。10年前、倫理の会の母体となる「倫理研究所」の法人会が行う経営者セミナーに参加し、活動に携わるようになった。「社長はわがままのかたまり。我を通して勘違いをすることがある」。勉強会などを通じ、顧客との普段の接し方やスタッフへの感謝の心をより強く意識するように。人の話に耳を傾ける素直さ、受け入れる気持ちを大切に、経営者として「心が通じ合う商売」に努める。

 ○…会員らが集まって午前5時から行う「おはよう倫理塾」に毎朝参加。参加者が家庭のために実践したことを報告し、次への課題や取り入れられることなどを共有。良い家庭や人間関係を育むことにつなげる。「うまくいった方の喜びが自分の喜びになる。そうした輪が広がって、みんなが幸せになる」と活動の醍醐味を語る。5月には専門の相談士が子育てや夫婦、親族関係などに個別対応する「生活倫理相談室」を南太田の社内に設けた。「胸の内を引き出せるように」と心を通わせながら、真摯に耳を傾けることを心掛ける。

 ○…妻と息子と暮らす。趣味は書道と短歌で「日本語の素晴らしさや良い表現が学べる」と微笑み、会社経営や倫理の会での活動に活かす。健全な家庭構築に向けては「”根っこ”を正さないと家庭は良くならない。根っこへの栄養は地道なもの。良いことが伝搬してほしい」。幸せな家庭、心通じ合う日常を広げていく。

関連記事powered by weblio


南区版の人物風土記最新6件

酒井 佳子(よしこ)さん

「姉さま人形」など、千代紙人形の伝統を守るための活動を続ける

酒井 佳子(よしこ)さん

10月19日号

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

10月12日号

松下 信之さん

リフォーム会社の社長で落語・講談などのイベントを企画する

松下 信之さん

10月5日号

小倉 幸夫さん

「かながわ産業Navi大賞」で優秀賞に輝いた「ジャパンプローブ株式会社」代表取締役社長を務める

小倉 幸夫さん

9月14日号

若林 弘泰さん

永田台小・永田中出身で夏の甲子園でベスト4入りした東海大菅生高校野球部の監督を務める

若林 弘泰さん

9月7日号

河原 英信さん

「太陽住建」の会長で地域交流拠点での活動に奔走する

河原 英信さん

8月31日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク