南区版 掲載号:2017年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

横浜商業高校の教員でインターハイ3位に輝いたボート部の顧問として指導にあたる會田 尚貴さん南太田在勤 24歳

一生懸命を積み重ねて

 ○…高校生スポーツの祭典で3位に輝いたボート部を指導する。優勝を狙っていたという女子5人乗りの「クォドルプル」。選手は日本一につながる厳しいトレーニングを積んできた。「勝つ気でいたので本人たちが一番悔しいと思う。ここまでやっても3番なんだと思った」と口唇をかみしめる。それでも、出場3種目全てで予選突破を果たすなど、120年の伝統を誇る名門として選手層の厚さを示した。「力を出し切ってくれた」と全国の舞台で必死に漕いだ選手を称える。

 〇…中区出身。ボートはY校入学後に始めた。当時から全国大会上位の常連だった同部で「自分の代だけ入賞できなかった」と言い、指導者になった今は「よく『谷間の世代が教えている』と言われる」と笑う。苦しくも楽しかったという部活動の青春。当時の顧問には、レースへの不安を打ち消す豊富な練習量の大切さを学んだ。「スタート位置についた時『これだけやったから大丈夫』と思えるか」。”一生懸命”の継続で自信を生み出したいという。

 〇…大学1年から部活動コーチとして指導にあたる。当初は「選手にどのように声を掛けたらよいか分からなかった」と迷いもあったが、自分の考えを押し付けるのではなく、選手の考えや感覚について「聞くこと」を意識。2014年にはインターハイ2種目でメダルを獲得する選手を生み出した。「自分の中で少しだけ自信になった」と振り返る。

 〇…中区で両親と妹、弟と暮らす。鉄道が好きで「遠征先で電車に乗るのが面白くなっている」と優しい表情。練習拠点の大岡川では地元住民から声を掛けられることも多く「南区の方の温かさを感じる」と感謝の言葉を口にする。市の教員になり2年目。専門は商業で「指導はまだまだ手探り」というが、部活動と同様、生徒の自発性を生み出すような授業を心掛ける。「自分で考え、自分でできる生徒を育てたい」。一生懸命な心を伝えていく。

南区版の人物風土記最新6件

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

趣味で手まりを作り続け、海外での普及活動にも励む

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

11月16日号

並木 愼一さん

フェンシングの世界大会に出場し、ボランティア活動も積極的に行う

並木 愼一さん

11月9日号

川井 興一さん

11月25日に永田地域ケアプラザで地元の歴史について講演する

川井 興一さん

11月2日号

森 靖博(やすひろ)さん

趣味として絵を描き、水彩画や似顔絵などの作品を残している。

森 靖博(やすひろ)さん

10月26日号

酒井 佳子(よしこ)さん

「姉さま人形」など、千代紙人形の伝統を守るための活動を続ける

酒井 佳子(よしこ)さん

10月19日号

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める

角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん

10月12日号

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

紅葉会が日本舞踊発表会

紅葉会が日本舞踊発表会

23日、南公会堂

11月23日~11月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク