南区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

横浜総合高生

「やって良いこと」伝える 教育

大岡小で非行防止教室

児童に語りかける高校生
児童に語りかける高校生
 市立横浜総合高校のボランティア部の生徒6人が9月21日、大岡小学校で非行防止教室を行った。

 「考えよう、やって良いこと、悪いこと」と題した紙芝居で授業を実施。高校生は4年生の約100人に向け、人に叩かれたら仕返しをして良いのかなど、身近な例を紹介。やってはいけないことを自分で考えて行動してほしいと伝えた。

 非行防止教室は子どもの健全育成などを目的に南区の小学校などで行われている。地域の少年補導員らが講師になることが多く、高校生が行うのは珍しい。大岡小で高校生が講師を務めるのは今回が初めて。

 同部部長の小出悠里君(3年)は「小学生に伝えるのでゆっくり話すことや、目を合わせることを心掛けた」と話した。

 授業を見た大岡小の男性教諭は「年齢が近いので親しみやすく、より伝わりやすいと思う」と身近な高校生の授業に感謝した。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

空き店舗に子どもの歓声

弘明寺商店街

空き店舗に子どもの歓声

10月12日号

「リラのいえ」を清掃

南RC

「リラのいえ」を清掃

10月12日号

健民祭で汗流す

健民祭で汗流す

10月12日号

木久蔵さんが登場

木久蔵さんが登場

10月12日号

江戸時代の「助郷」再現

記者の仕事を体験

記者の仕事を体験

10月12日号

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク