南区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める 角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん 中里在住 46歳

あきらめない心で

 ○…全国の強豪が集う「全日本総合空手道全日本選手権大会」を9月24日に終え、マスターズ中量級で優勝。さらに息子の拳悠君も中学生男子の部で優勝し、初の親子優勝を果たした。他流派の大会で試合形式が違うこともあったが「息子が優勝したのだから自分も負けていられないと思い、試合に臨んだ」と振り返る。

 ○…平塚市出身。もともと体が弱かったこともあり、父の勧めで中学1年生から防具を付けて行う硬式空手を始めた。その後32年間、趣味として続けている。「強くなりたくて空手を始めた。初めての試合で相手からのパンチを受けた時はショックだった」と当時を振り返り、「精神的にも強くなれた、空手を勧めてくれた父には感謝している」という。平塚市の大きな空手の会派でも道場を歴任したが、その後中里に移住。半年ほど前からドンドン商店会そばで「浜風会はまっこ道場」を構え、代表としても指導している。

 ○…はまっこ道場の生徒は現在6人。道場では選手、生徒の目線で接することができるように常に同じメニューをこなしている。「口だけではなく、実際に自分が一生懸命やる姿を見せることが大切」と力強く語る。また、試合で負けた選手にも「試合で負けても自分に負け続けないでほしい」と励まし、背中を押す。

 ○…都内の大学院を卒業した後、大手建設会社に就職。全国各地の現場を飛び回っている。現在は妻と長女、長男と暮らす。「妻と長女は空手には無関心。試合には来てくれないのでいつも息子と2人だけです」と苦笑い。平日は仕事を終えた後に道場でトレーニングを行うが、最近では新たな挑戦としてバイクの免許取得に向けて教習所にも通っている。どんなことにも一生懸命取り組み、「昨日の自分より今日の自分が成長できるように」。空手を通して学び、感じたあきらめない心を次世代の子どもに伝え、今後の空手界の発展に寄与していく。

12月10日から25日

商店街お買物券1万円分などが当たる抽選会開催

http://www.yokohamabashi.com/

年末年始限定メニュー予約受付中

厳選した新鮮な上質素材!見た目も味も文句なし!

http://www.yokohamatei.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

米山 潔さん

「六ッ川ふれあい福祉の会」の理事長で12月3日に手話演芸会を開く

米山 潔さん

11月30日号

出川 進さん

南区などに住む来日直後の子のための日本語支援拠点施設で“校長”を務める

出川 進さん

11月23日号

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

趣味で手まりを作り続け、海外での普及活動にも励む

伊藤 千鶴子(ちづこ)さん

11月16日号

並木 愼一さん

フェンシングの世界大会に出場し、ボランティア活動も積極的に行う

並木 愼一さん

11月9日号

川井 興一さん

11月25日に永田地域ケアプラザで地元の歴史について講演する

川井 興一さん

11月2日号

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

消防団がコンサート

消防団がコンサート

10日に公会堂

12月10日~12月10日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の動物園

    〈連載〉さすらいヨコハマ㉚

    横浜の動物園

    大衆文化評論家 指田 文夫

    12月7日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク