南区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

江戸時代の「助郷」再現 文化

北永田で行列

助郷を再現した行列
助郷を再現した行列
 江戸時代の荷役制度「助郷(すけごう)」を再現した行列が10月8日、永田小学校で行われた「北永田ふるさとふれあいまつり」の中で披露され、約100人が歩いた。

 助郷制度は、大名行列の際、幕府の命令に応じ、近隣の村が人馬を提供するもの。史料によると、当時の永田村から正徳元年(1712年)に1399人と1832頭の馬が神奈川宿や戸塚宿に荷物を送り届けたとされる。

 行列は1993年に地元有志が復活させた。2年に1度、同まつりに合わせて行列を再現している。衣装や道具の維持に費用がかかることから、今年度から地域住民による保存会が区の補助金を受けて活動する。

 北永田地区連合町内会の服部孝祥会長は「地域の協力を得ながら、助郷を守っていきたい」と話した。

関連記事powered by weblio


南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク