保土ケ谷区版 掲載号:2015年3月12日号

元気に育ってね 教育

帷子川に「鮭の稚魚放流」

チビッ子が約4000匹の稚魚を放流した
チビッ子が約4000匹の稚魚を放流した

 区内各所でイベントが目白押しとなった3月8日。天王町の震災復興イベント「絆バザール」との共催企画として「鮭の稚魚放流イベント」が実施された。

 これは東日本大震災の被災地となった山田町(岩手県)から届けられた鮭の稚魚を、子ども達の手で区内を流れる帷子川に放流する事で、いわゆる”3・11”を風化させる事なく、支援する気持ちを持ち続けてもらおうというもの。3回目を数える今年は、これまで孵化(ふか)後、稚魚の状態で山田町から贈られていた鮭をあえて「受精卵」の状態から飼育する方法を採択。区内にある幼稚園や小学校などの水槽で、昨年暮れから大切に育ててきた。

参加者は「倍増」

 順調に生育した稚魚が2〜3センチとなったこの日、川辺町の親水公園に集まった参加者は1千人余りと、昨年に比べほぼ倍増。区長や警察署長、消防署長といった来賓も訪れる中、子ども達に透明カップが配られると、中に入った可愛い稚魚に皆、興味津々といった様子。しばらく観察した後「元気に戻ってきてね!」と話しかけながら放流する姿が、あちこちで見られた。

 企画を主催した有志グループ「帷子川に鮭の稚魚を放流する会」の会長を務める竹村泰長さん(上星川町在住)は「鮭の遡上には4年程度の歳月が必要。来年以降も継続して放流を行いながら(いつしか)鮭が元気に戻ってくる日を皆で迎えられれば」と話していた。
 

8/29くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

野口健氏、地球環境語る

野口健氏、地球環境語る

9/9 はまぎんホールで

9月9日~9月9日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/