保土ケ谷区版 掲載号:2016年4月14日号

皆さまの声をカタチに! 市政報告 35

今年度も皆さまの声がカタチに

横浜市会議員 斉藤伸一

 新年度が始まり早半月。平成28年度も、私たち公明党市議団の長年の取り組みがカタチになります。

小児医療費助成の拡充に向けて

 横浜市が医療費の自己負担分を助成する小児医療費助成事業の対象年齢を、29年度より拡大する検討に着手します。

 昨年10月から通院にかかる小児医療費助成の対象が小学1年生から3年生に拡大されました。今後の課題は対象年齢の拡大と1歳以上にある所得制限の撤廃です。

 公明党市議団が平成4年に横浜市会で初めて乳幼児医療費の無料化を提案して以来、着実に事業が拡充されて来ました。

 来年度の対象年齢拡大の検討については、小学6年生までを目指します。

全市立中学校で「ハマ弁」スタート!

 横浜型配達弁当「ハマ弁」が来年1月までに全校で実施されます。価格は、ご飯・おかず・汁物の3点セットで390円(税込み)。

 生徒の皆さんに利用していただけるように、インターネットを使用した紹介動画の配信や中学生からの献立募集も検討しています。もちろん、家庭弁当を持参したときの汁物、牛乳の注文も可能です。

 平成10年に「多様な選択肢のあるスクールランチ」を提案して以来、強く実施を求めて来ました。

鶴ヶ峰駅周辺の開かずの踏切が解消へ!

 相鉄線・鶴ヶ峰駅周辺の約2・7kmを連続立体交差事業の対象とすることが決まりました。

 今後平成28〜29年度で調査、測量、設計、30〜34年度に都市計画、環境影響評価等の手続、35年度〜事業化といった予定で進めます。

 星川駅〜天王町駅は28年度中に下り線が、30年度中に全線が高架化されます。開かずの踏切の解消で、安全性、利便性の向上が図られます。

ごみ屋敷対策が前進!

 昨秋、公明党市議団で「安心の住環境の整備推進に関する要望書」を林市長に提出し、「空家」といわゆる「ごみ屋敷」への対策を要望。議会でも議論を重ねてきました。

 特に、「ごみ屋敷」対策については ごみの片付けだけではなく、根本的な解決のために、当事者の抱えている様々な事情や背景に寄り添いながら、個別に丁寧に対応するなど、福祉的な視点での対応が重要です。

 今春、市民の皆様の意見を募集し、今年中の条例制定、施行を予定しています。

保土ヶ谷駅東口のまちづくりを推進!

 市長に要望してきた保土ヶ谷駅東口のまちづくりについて、28年度は県税事務所跡地の取得に向けて手続きの準備のほか、跡地の当面の活用方法、将来に向けての東口全体のまちづくり構想の検討を始めます。

 皆さまの声をカタチに! 今後も奮闘します。

斉藤伸一市議

保土ケ谷区仏向町196

TEL:045-348-2237

http://www.shin-shin.com

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6件

横浜をスポーツで元気に

林文子横浜市長×元ベイスターズ・三浦大輔さん 特別対談

横浜をスポーツで元気に

7月13日号

「ヘルプマーク」がスタート

皆さまの声をカタチに! 市政報告 38

「ヘルプマーク」がスタート

6月15日号

皆さまの声がカタチに!

市議会で質疑・提案 市政報告 37

皆さまの声がカタチに!

3月30日号

二期5年、国政に全力

民進党神奈川6区総支部長 衆議院議員 あおやぎ陽一郎 意見広告

二期5年、国政に全力

2月16日号

金銭授受を「いじめ」と認めました

原発避難生徒いじめ問題で緊急申し入れし 市政報告

金銭授受を「いじめ」と認めました

2月16日号

被災地で見たこと感じたことを市政へ

糸魚川市駅北大火被災調査

被災地で見たこと感じたことを市政へ

1月26日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/