保土ケ谷区版 掲載号:2017年1月1日号

(PR)

子どもの歯科矯正治療いつから?

乳歯間の隙間に注目を

地元で26年 松原歯科医院

 「乳歯の時はキレイな歯並びでも、5〜6歳で永久歯が内側に生えたり他の歯と重なったりすることがあるんです。乳歯の間に隙間がないのは、矯正が必要なサインですね」―――。

 洪福寺松原商店街で予防を重視し「なるべく抜かない・削らない」を治療方針に掲げ、26年にわたり歯科治療に携わる「松原歯科医院」の院長・松原明さんはそう話す。

サインは?

 では、いつ頃から矯正治療を始めるべきなのだろう。松原院長によると「乳歯の間に隙間がないのは顎の骨が不足しているサイン。永久歯が生えそろうまで待つ方も多いですが、それでは遅いこともある」という。

無料相談受付中

「テレビを見ながら口を開けていたり、いびきが酷いなど、お子様の歯並びや顎の異常に気付いたら、診療後に開催する歯科無料相談(30分/予約制)に親子でお越し下さい」。骨格を矯正する方法は4〜10歳頃が最適なのだそうだ(自由診療/40〜60万円)。

明るい印象の同院スタッフ
明るい印象の同院スタッフ

松原歯科医院

神奈川県横浜市保土ケ谷区宮田町1-2-9

TEL:045-337-1682

http://www.m-power.or.jp/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

新築・建て替え まるわかり相談会

大好評につき第4回  明日13日から受付

新築・建て替え まるわかり相談会

1月12日号

やせて太らない体作りが特徴

40歳からの健康ダイエット 34期生始まる

やせて太らない体作りが特徴

1月12日号

税金の悩み電話で解決

大人気「スマホ体験会」

安心の老後を送るヒント満載

シニア世代向け 楽しく・役立つ講座やセミナー 参加無料

安心の老後を送るヒント満載

1月5日号

医大発ベンチャー開発、口もとのシワ(※2)対策

独自開発「スムースポリテイン」で塗ってすぐ実感(※1) 累計120万本突破の「豊麗」がリニューアル

医大発ベンチャー開発、口もとのシワ(※2)対策

1月5日号

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域防災を考える

減災運動推進大会

地域防災を考える

21日、公会堂で開催

1月21日~1月21日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/