保土ケ谷区版 掲載号:2017年1月12日号

減災運動推進大会

地域防災を考える 社会

21日、公会堂で開催

山路清貴氏
山路清貴氏
 「20万区民の自助・共助による減災運動推進大会」が1月21日(土)に、保土ケ谷公会堂で開催される。時間は午前10時から午後0時30分(9時30分開場)。

 防災・減災の基本である「自分の命は自分で守る」を意味する『自助』と、災害時には近所・地域の人たち町内会自治会で助け合う『共助』。この考えや取り組みを行政による災害対策だけでなく、住民が主体となって推進していこうと、区災害対策連絡協議会らが行っている。

 今回の講演会では、『発災時のコミュニティを考える』をテーマに、まちづくりコーディネーターの山路清貴氏が登壇。地域コミュニティの力が求められる発災時に、地域防災を行うための住民の心の置きどころと、活動する人材を発掘する方法などを紹介する。

 自助共助による減災運動の区内の取組事例として、和田西部町内会の『防災フェア』や、橘中学校の『橘中学校区拠点校別防災集会』のほか、親子の避難所宿泊体験などを親と子の地域の架け橋を目指す、NPO法人ぎんがむらの永井沙蓉さんが取り組みを発表。区福祉保健センターの災害医療検証訓練や、区の関係機関と協働した自助の啓発活動の取り組みなども紹介される。合間には避難所生活でかかりやすいエコノミークラス症候群の防止体操も紹介する。

 また今年度は新たな活動として、次世代を担う子どもたちにも考えてもらおうと、区内在住の小中学生から自助共助の実践を訴える「がやっこ減災ポスター」を募集。同会場で表彰式が行われる。

 入場は無料で、申し込みも不要。参加者は当日直接会場へ。

 問い合わせは、保土ケ谷区役所総務課庶務係【電話】045・334・6204へ。

20万区民の自助・共助による減災運動

2017年1月21日

10:00開始 〜 12:30終了

神奈川県横浜市保土ケ谷区星川1-2-1

費用:無料

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域防災を考える

減災運動推進大会

地域防災を考える

21日、公会堂で開催

1月21日~1月21日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/