保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月16日号

瀬戸ヶ谷町在住横溝高一さん

11年間ねらい続け初撮影 社会

自宅マンションからダイヤモンド富士

自宅マンションから撮影した「ダイヤモンド富士」の1枚
自宅マンションから撮影した「ダイヤモンド富士」の1枚

 瀬戸ヶ谷町に暮らす横溝高一さん(66)が3月10日、自宅マンションから11年間、ねらい続けた富士山山頂に夕日が重なる自然現象「ダイヤモンド富士」の撮影に成功した。

 高校生の頃には山岳写真家に憧れを抱き、大学では光工学を専攻。社会人になってからも、カメラは趣味として続けてきた。20年前に富士山が望める瀬戸ヶ谷町のマンションに移り住むと「いつかはダイヤモンド富士を」考えるように。退職し夕方に自宅にいることができるようになった11年前から、3月初旬と10月初旬の夕刻はマンションの最上階に上りカメラを構え続けた。しかし、これまで山頂に沈む夕日の輝きをカメラに収めることはできていなかった。

「雲かからないで」

 この日、午後5時半前、マンションの最上階には富士山にカメラを向ける横溝さんの姿。夕日が山頂に沈んで来る中、「頼む、雲がかからないで」と願うような思いで30秒ほどシャッターを切った。11年間追い続けた「自宅からのダイヤモンド富士」の撮影に成功した瞬間だった。

 「天候や用事などで、なかなか撮るチャンスがなかった。今回も雲がないともっと良かったが、念願の陽が山頂に沈む瞬間が撮れて良かった」と話していた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

いじめ相談で新窓口

横浜市

いじめ相談で新窓口

5月25日号

幼稚園にゴリラ彫刻贈る

横国大大学院轟颯馬さん

幼稚園にゴリラ彫刻贈る

5月25日号

バブル期の約4倍に

生活保護受給世帯

バブル期の約4倍に

5月18日号

踏切遮断時間19分短縮

相鉄線下り線

踏切遮断時間19分短縮

5月18日号

特養ホーム待機者、2割減

来春、理工学府新設へ

横浜国大大学院

来春、理工学府新設へ

5月11日号

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/