保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

瀬戸ヶ谷町在住横溝高一さん11年間ねらい続け初撮影自宅マンションからダイヤモンド富士

社会

自宅マンションから撮影した「ダイヤモンド富士」の1枚
自宅マンションから撮影した「ダイヤモンド富士」の1枚

 瀬戸ヶ谷町に暮らす横溝高一さん(66)が3月10日、自宅マンションから11年間、ねらい続けた富士山山頂に夕日が重なる自然現象「ダイヤモンド富士」の撮影に成功した。

 高校生の頃には山岳写真家に憧れを抱き、大学では光工学を専攻。社会人になってからも、カメラは趣味として続けてきた。20年前に富士山が望める瀬戸ヶ谷町のマンションに移り住むと「いつかはダイヤモンド富士を」考えるように。退職し夕方に自宅にいることができるようになった11年前から、3月初旬と10月初旬の夕刻はマンションの最上階に上りカメラを構え続けた。しかし、これまで山頂に沈む夕日の輝きをカメラに収めることはできていなかった。

「雲かからないで」

 この日、午後5時半前、マンションの最上階には富士山にカメラを向ける横溝さんの姿。夕日が山頂に沈んで来る中、「頼む、雲がかからないで」と願うような思いで30秒ほどシャッターを切った。11年間追い続けた「自宅からのダイヤモンド富士」の撮影に成功した瞬間だった。

 「天候や用事などで、なかなか撮るチャンスがなかった。今回も雲がないともっと良かったが、念願の陽が山頂に沈む瞬間が撮れて良かった」と話していた。
 

11/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

ガチャポン効果で増員

保土ケ谷消防団

ガチャポン効果で増員

11月16日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月9日号

20年の節目、第2章へ

カーリットの森を守る市民の会

20年の節目、第2章へ

11月9日号

残業時間、5年振り減少

横浜市

残業時間、5年振り減少

11月2日号

消防署、神戸町に移転

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

花と緑テーマに活写

花と緑テーマに活写

保土ケ谷公園で写真展

11月1日~11月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク