保土ケ谷区版 掲載号:2017年4月20日号

ささやま丘の上ミュージアム

70年前の上菅田村再現 社会

地域住民らがジオラマ制作

ジオラマを前にする制作メンバー
ジオラマを前にする制作メンバー

 笹山小学校内にある「ささやま丘の上ミュージアム」(小島秀夫館長)の関係者が、1年前から手掛けていた70年前の上菅田地区を再現したジオラマが、このほど完成した。

 ミュージアム内には大正期から昭和初期にかけて同地区で使われていた農機具や民具など約150点が展示されている。この時代の上菅田村(当時)の景色を再現しようプロジェクトは1年前に始動した。

 陣頭指揮を執った小島館長は上菅田の丘陵も忠実に再現しようと高度計を手に地域内を歩き、旧跡など地域の魅力を再確認。メンバーも地域に古くから暮らす住民から当時の様子を聞き取る調査を行った。

 集めた情報をもとに発砲質ロールと紙粘土で街並みを成形し100円ショップの樹脂性の装飾品やスポンジを使い山間部を表現。地区内を流れる河川の流域にあった約60軒の民家は聞き取り調査に基づき「出来るだけ忠実に」配置した。

 ジオラマにはボタンを押すと地域内の見どころが画像と音声で紹介される仕組みが搭載。かつて大手電機メーカーに技術者として勤務した大田正美さん(76)が手掛けたこの機器などメンバーの知識と技術を結集し、昭和20年ごろの上菅田村の街並みを再現した。

 小島館長は「上菅田の魅力を多くの方に知っていただくきっかけになれば」と話している。完成したジオラマはミュージアムの開館日(第2・4土曜・日曜日)に観覧することができる。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

フレックス勤務を試行

横浜市

フレックス勤務を試行

4月20日号

助け合い避難場所として協定

福祉施設の防犯対策強化

横浜市

福祉施設の防犯対策強化

4月6日号

オリジナル葱を開発

西谷町の農家苅部博之さん

オリジナル葱を開発

4月6日号

在庫文具を子どもたちに

日本一へ「ベスト尽くす」

横浜DeNAベイスターズ

日本一へ「ベスト尽くす」

3月30日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/