保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月11日号

横浜国大大学院

来春、理工学府新設へ 教育

イノベ産業人材育成目指す

教育改革を進める横浜国大の正門
教育改革を進める横浜国大の正門
 常盤台の横浜国立大学(長谷部勇一学長)はこのほど、大学院の教育改革を計画し、理工学府(仮称)の設置と環境情報学府の組織改編を文部科学省に申請した。2018年4月の設置・改編を目指す。

 同大では「YNUプロジェクト」と称し今年4月には50年ぶりとなる新学部「都市科学部」を設置するなど、教育改革を進めている。今回の大学院改革の動きもその一環だ。

 現在、同大大学院は教員が研究を行う研究院と学生が学ぶ学府から成る。学府は国際社会科学、工学、環境情報、都市イノベーションの4つと教育学研究科の5つ大学院組織がある中で2学府の改編を目指す。

 工学府を改編し設置する理工学府は産業振興が著しい情報通信技術やバイオテクノロジー、ナノテクノロジーといった先端技術に関わる分野では、これまで産業発展を支えてきた工学に加え、理学的な知識や能力が求められるようになってきていることが背景にある。

 機械・材料・海洋系工学、化学・生命系理工学、数物電子情報系理工学の3つの専攻を設置し、ものづくり技術の継承・発展とともに、イノベーション産業に貢献できる人材の育成を目指すことになる。

環境情報学府を改編

 環境と情報を基軸に文理融合・異分野融合の教育を行い、持続可能社会の創生に貢献する人材を育成する環境情報学府は現在の5専攻を人工環境、自然環境、情報環境に再編する。

 環境や社会に配慮し、情報技術を活用し、科学技術のイノベーション創出に貢献できる人材を輩出することを目指す方針だ。

13日に説明会

 今週末13日(土)には学外者向けに新大学院説明会が開かれる。午後1時からで会場は同大理工学部講義棟A(S5―5)。

関連記事powered by weblio


妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

耐震化に資金・合意の壁

道路沿い建築物

耐震化に資金・合意の壁

7月20日号

上星川の温浴施設が選挙割

市長選

上星川の温浴施設が選挙割

7月20日号

運転教育に映像記録(ドライブレコーダー)導入

感震ブレーカー設置促進

保土ケ谷区

感震ブレーカー設置促進

7月13日号

18年前の「桜高旋風」回顧

高校野球写真展

18年前の「桜高旋風」回顧

7月6日号

IoT活用に向け始動

横浜市

IoT活用に向け始動

7月6日号

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/