保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月18日号

一番茶摘みを体験 教育

新井小4年生

新茶を摘み取る児童
新茶を摘み取る児童
 新井小学校(能登正明校長)の4年生の児童およそ80人が5月上旬、学校近くの新井町公園でお茶摘みを体験した。

 同校では3年生の総合の時間で新井地区のかつての地場産業だったお茶栽培の歴史を学んでいる。同公園の茶樹を管理する「茶樹の会」のスタッフらから、歴史を聞き、茶樹の世話をつづけてきた児童(新4年生)はこの日、スタッフらの指導を受けながら、丁寧に今年の一番茶を摘み取り、製茶作業の荒もみやホイロもみも体験。パック詰めされた「新井茶」を自宅に持ち帰った。

 今後、6月にはこれまでの学習成果を発表する「お茶の博物館」が校内で開かれ、活動が新3年生に引き継がれる。

昭和初期まで地場産業

 幕府の領土だった林を新井忠兵衛という人物が宝暦年中(1751〜1764)に開発した「新井新田」。傾斜地で生産性の低い畑が多かったこの地で、明治7(1874)年、黒崎平七がお茶の栽培を始めたとされている。

 当初、茶畑は番茶の生産が主流だったが、茶栽培の先進地である宇治や駿河から茶師を招き、技術を習得するなど、製品の改良に努力を重ね、明治16(1883)年には、兵庫県神戸の製茶共進会に出品。せん茶が入選するほど品質も向上した。

 地場産業として定着した茶園は昭和12(1937)年ごろまで、栽培が行われていたが、戦時中の食料増産体制で茶畑はサツマイモ畑や麦畑にその姿を変え、戦後は大規模団地の建設や宅地開発などで次第に衰退した歴史がある。茶畑があった名残として同校の校章は茶葉と花が図案化されている。

製茶作業も体験
製茶作業も体験

関連記事powered by weblio


8/29くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

野口健氏、地球環境語る

野口健氏、地球環境語る

9/9 はまぎんホールで

9月9日~9月9日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/