保土ケ谷区版 掲載号:2017年5月18日号

洪福寺松原商店街

「昼間とは違う姿楽しんで」 社会

20日にナイトバザール

普段は夕方6時以降人通りがまばらになる通りには多くの人が行き交う
普段は夕方6時以降人通りがまばらになる通りには多くの人が行き交う

 洪福寺松原商店街(伊藤彰芳理事長=人物風土記で紹介)で5月20日(土)、12回目となる「ナイトバザール」が催される。普段は夕刻を迎えると人通りがまばらになり、昼間の賑わいとは違った姿を見せる通りでは、各店がこの夜限りのサービス品などを販売するほか、多彩なイベントも企画される。

 6年前、商店街の街路灯がLED化されたことをきっかけに「夜も昼間のような賑わいを」と、若手有志らが主導する形で始まった「ナイトバザール」は夜のイベントへの理解が得られない中でのスタートだった。

 回を重ねるごとに来場者が増え、5回目を迎えるころには、参加店も増えはじめ、現在ではほぼ全ての加盟店が出店する、同商店街の一大イベントにまで成長。春と秋、年に2回のペースで催され、今回が12回目の開催となる。

 今回も各店舗が昼間とは違った形でお買い得品を提供するほか、キャンドルアートやフェイスペインティングなども予定され、家族連れで「夜の松原」を楽しむことができる。

 伊藤理事長は「手作り感あふれるバザールです。昼間の松原とは一味違う、商店街でお楽しみいただきたい」と話している。バザールは午後6時から8時30分まで。問合せは同商店街【電話】045・341・7920へ。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

キャッシュカード渡さないで

花びらと砂で90周年ロゴ描く

17地区で予選会

6月10日から 手作り紙ヒコーキ大会

17地区で予選会

5月25日号

時代のニーズに応えたい

「風通しのよい運営を」

横浜市会

「風通しのよい運営を」

5月25日号

放水術など学ぶ

女性団員の技量向上へ 保土ケ谷消防団

放水術など学ぶ

5月25日号

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/